債務整理を実施して、任意整理で月々支払いを滞りなく行っていたけど、会社を退職して、支払いが難しくなった場合、自己破産ができるのでしょうか。

できれば、このまま、支払いを続けたいのですが、現実を見ると、そうもいかない為、「自己破産」を検討しています。

このような場合、「自己破産」は可能なのでしょうか?

>>街角相談所の公式サイトを見てみる

債務整理と任意整理の違いは?

借金の解決方法として、「債務整理」「任意整理」といった方法があります。

そこで、「債務整理」「任意整理」の違いについて説明します。

簡単に言うと、「任意整理」は、「債務整理」の中の1つの方法になります。

「債務整理」には、いくつかの方法があり、その中に、「任意整理」という方法があるということです。

債務整理には以下の手続きなどを用いて借金を整理するという意味合いとなっています。

 

債務整理の方法

  • 任意整理
  • 自己破産
  • 個人再生(過払金返還請求)

こちら→「借金の減額。失敗したら夜逃げ??」に詳しく説明しています。

 

任意整理後の自己破産はできるの?

借金を整理するということで、債務整理を行い、「任意整理」にて、月々支払いを行っていました。

最初は、堅実に、遅延することなく支払いができていましたが、途中で、勤め先が変わり、支払いができなくなりました。

こんな時、「任意整理」から「自己破産」に切り替えて手続きができるでしょうか?

支払いができなくなった場合、「任意整理」から「自己破産」への変更手続きはできるようです。

支払いができなくなった場合、早めの相談が必要でしょう。

 

相談先は?

「任意整理」で支払いができない状態になった場合、「任意整理」を依頼した司法書士、弁護士などの専門家に相談するのが一番だと思います。

しかし、依頼した先が業務終了などで、無くなっている場合、依頼する事務所を新たに探しましょう。

 

>>街角相談所の公式サイトを見てみる

自己破産をする際の注意事項

自己破産には、免責が許可されない場合があります。

この許可されない事を「免責不許可事由」といいます。

この「免責不許可事由」に該当すると、借金が免除されない場合があります。

免責不許可事由とは?

免責は借金の支払いを免除することです。

免責が許可されると、借金の支払いをしなくてもよくなります。

しかし、免責は、許可されない場合があります。

その免責が許可されない事由が「免責不許可事由」ということになります。

 

免責不許可事由の内容

一部を抜粋して、簡単に言うと、財産の隠匿、損壊または、借金の原因が、浪費(収入に見合わない買い物)や賭博などによるものとなります。

 

まとめ

任意整理を行っている最中に、転職、退職、怪我、病気など思いもよらないことがあり、月々の支払いが遅延したり、滞ったりすることがあります。

その際、任意整理を行っていても、自己破産は可能です。

ただし、「免責不許可事由」に該当すると、免責が受けれない可能性があります。

自己破産については、司法書士、弁護士などの専門家などに相談することが一番の早道だと思います。

 

 

>>街角相談所の公式サイトを見てみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク