クレジットカードは無事発行されましたでしょうか?

クレジットカードは現金を持たなくていいので、便利ですよね。

このクレジットカードを作る場合、発行されないことがあります。


>>Yahoo!Japanカードの公式サイトを見てみる

今回その理由について、いろいろ解説したいと思います。

まず、クレジットとは、「信用」という意味があります。

その為、信用がない人には、クレジットカードが発行されません。

また、申し込み内容に不備があるとクレジットカードは発行されません。

クレジットカードの発行するには、申込書の内容や、信用についての審査があります。

スポンサーリンク

 

どんなことが審査されるのでしょうか?

クレジットカードの審査に落ちる原因を考えてみました。

カード会社は審査に落ちた原因を教えてはくれません。

以下の理由により審査に落ちた可能性があります。

  • 申込書の記入不備
  • 信用情報
  • 住居の有無
  • クレジットカードの保有数
  • 返済能力

 

知り合いで落ちた人の話によると、やはり過去に支払いが滞ったことがあり、落ちたみたいな事を言ってました。

まあこれ当然ですかね。

 

申込書の記入不備

申込書の内容に誤りがないことをが大事です。

もし誤った内容を記入すると、「虚偽」の内容となりますので注意が必要です。

また、記入している文字が読めない場合も同様です。

文字は、丁寧に記載することが大事です。

記入不備については、気を付けていれば、自分で何とかなりますので、慌てず、記入しましょう。

例えば、電話番号が間違っていると、電話確認時に確認が取れず、審査が通らない可能性がありますので注意が必要です。

 

信用情報

例えば、過去にクレジットカードを保有していて、支払いが滞ったり、遅延したことがある場合、信用情報の履歴に残っていますので審査が通らない場合があります。

また、逆に、いままで一度もクレジットカードを保有せず、支払いの情報がない場合、審査が厳しくなるようです。

しっかりとした支払を続けることで、信用が高まっていきます。

また、過去に支払いが遅延した場合でも、ある程度の期間で信用が回復するようです。

一度、信用情報に傷がついた(支払いが滞った)場合、その支払いが滞った、クレジットカード会社では、カードの発行は難しいかもしれません。

他のクレジットカード会社でカードを作成するのであれば、発行できるかもしれません。

チャレンジしてみてはどうでしょう。

スポンサーリンク

 

住居の有無

住居については、持家かどうかによって、判断がかわります。

賃貸よりも持家の方が、支払い能力があるように判断されるようです。

また、転居してすぐの場合、審査に通りにくい可能性があります。

長らく住んでいるのであれば、生活が安定していると判断されるようです。

そこで、クレジットカードを作るのであれば、転居前に作ることをお勧めします。

 

クレジットカードの保有数

クレジットカードを多く保有している場合、新たにクレジットカードを申込んでも、審査が通りにくいようです。

これは、返済能力に関連するのですが、多くのクレジットカードを持つことで、返済能力以上の支払が発生し、支払いの遅延や、貸し倒れなどが起きると判断される場合があります。

この場合、利用していないクレジットカードを解約したり、限度額を下げたりすることで、審査に通る可能性があります。

 

返済能力

収入に対して、支払いが超えると返済能力の点で審査が通りにくいようです。

収入とは、例えば、非正規雇用のアルバイトや契約社員などよりも正社員の方が安定して収入が得られると判断されます。

審査の観点としては、年収、職業、会社の規模、勤続年数、年齢などが考慮されます。

また、カードローンなど、多くの借入金がある場合、返済能力の審査の対象となり、審査が通りにくくなります。

 

まとめ

クレジットカードが発行されない理由はいろいろあります。

審査に落ちた場合、理由を教えてくれないことがほとんどになります。

そこで、今回、考えられる理由について、いくつかあげています。

自分が該当しないかどうか確認してみてはいかがでしょうか?

なお、申込書の記入不備については、自分で対応できますので、正確に、丁寧に記載することをお勧めします。



>>Yahoo!Japanカードの公式サイトを見てみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク