現在、少しずつ金利が上昇傾向にあります。

金利は、若干、引き上げれましたが、それでも、昔よりは、金利が、ずいぶん安いですよね。

高い金利でローンを組んでいるのであれば、借り換えを検討する価値はあると思います。



住宅本舗 公式サイトを見てみる

住宅ローンの借り換えには諸費用が必要。

借り換えを検討するにあたり、単純に金利だけをみて借り換えを行ってはいけません。

借り換える際、見落としがちな事として、諸費用があります。

その為、金利+諸費用を含めて、借り換えを検討しましょう。

住宅ローンの借り換えの諸費用

単純に借り換えて金利が安くなり、支払い額が減るといいんですけど、諸費用が必要なんですよね。

そこで、その諸費用にどのようなものがあるか書き出してみますね。

  • 保証料
  • 事務手数料
  • 印紙代(契約書作成用)
  • 登録免許税(抵当権設定)
  • 抵当権抹消費用
  • 司法書士報酬

保証料

この保証料は、万が一に備えて、保証会社に支払う料金となります。

あなたが、住宅ローンを返済できなくなった場合、あなたに代わって住宅ローンを保証会社から、金融機関に払ってもらう保証料金となります。

あなたが返済できなくなった場合、この保証料を払っていても、支払いが無くなるわけではありません。

支払い先が金融機関から、保証会社に変更されるだけになります。

あくまでも、金融機関の保証となります。

金融機関によっては、保証料が必要な場合と不必要な場合があります。

その為、できれば、不必要な金融機関を選びたいですね。

スポンサーリンク

事務手数料

借り換えにかかる、手数料となります。

金融機関によって、定額の場合と、定率の場合があります。

定額だとわかりやすいですが、定率の場合、融資額によって、変動しますので注意が必要です。

例えば、

  • 定率:2.1%
  • 融資額:3,000万円

の場合

3,000万円×2.1%=63万円となります。

印紙代(契約書作成用)

借入額によって、決まります。

  • 100万円超~500万円以下:2,000円
  • 500万円超~1,000万円以下:1万円
  • 1,000万円超~5,000万円以下:2万円
  • 5,000万円超~10,000万円以下:6万円

登録免許税(抵当権設定)

抵当権設定には、税金の登録免許税が必要となります。

金額は、借入額の0.4%となります。

例えば

  • 借入額:3,000万円

の場合

3,000万円×0.4%=12万円となります。

登録免許税(抵当権抹消)

これまでの住宅ローンの抵当権の抹消手続きが必要となります。

抵当権抹消には、税金の登録免許税が必要となります。

金額は、不動産1つにつき1,000円です。

司法書士報酬

色々な手続きを司法書士を行ってもらうための費用となります。

手続きは、抵当権の設定、抵当権の抹消などとなります。

費用は、だいたい5万円から10万円くらいが目安となります。

まとめ

これからも、住宅ローンの金利が、徐々に上昇するかもしれません。

いま、借入している住宅ローンの金利が高い場合、安い金利の住宅ローンに借り換えたいですよね。

住宅ローンを借り換える場合のポイントとして、単純に残金と金利で支払い額を計算するのではなく、諸費用も含めて計算する必要があります。

特に、事務手数料や、保証料は、定率の場合がありますので、借入額が多いほど高くなります。

いまでは、ネットで、いろいろと、シミュレーションで比較することができるようになっています。

便利になりましたよね。

こちらの【住宅本舗】公式サイトにアクセスして、「借換を検討している方」を選択するとシミュレーションの画面に変わります。

複数の金融機関を一度に比較して、お得額や、毎月の支払額なども一目で確認できます。

また、一括審査申し込みもできますので、一度、試してみてはいかがでしょうか?



住宅本舗 公式サイトを見てみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク