月々の返済をしているけど、もうだめというときに思い浮かぶのが、債務整理。

返済日間近になると、そう感じた人も多いのではないでしょうか?

そしてそういう時って、胃が痛くなったりしますよね。

ところで債務整理といっても色々な方法がありますけどあなたは知ってましたか?

実際、色々方法があるようですが、自己破産は、他の方法と比べてなにがどう違うんでしょうかね?

少し調べてみました。

 

>>街角相談所の公式サイトを見てみる

債務整理とは?

返済したくてもどうしても、返済ができなくなった場合の債務整理だと思います!

債務整理は、借金の減額や、利息をカットなどして、借金から解放させるための手段となります。

債務整理にはいくつか方法があります。

  • 任意整理
  • 民事再生(個人再生)
  • 自己破産

今回は、上記の3種類について、説明します。

任意整理

借金の減額や、利息のカットなどを司法書士や、弁護士が債権者と交渉し毎月の返済額を減額する方法です。

この方法には、裁判所は介さず、債権者と交渉を行いますので、民事再生や、自己破産に比べて、手続きが簡単に行えます。

返済は、先ほどの減額した金額を、3~5年ほどの期間をかけて、分割での支払いを行います。

なぜ、借金の減額や、利息のカットができるの?

これは、「出資法」と「利息制限法」の2つの法律がかかわっています。

出資法では、

  • 29.2%

の利息が上限となっています。

利息制限法では、元本の金額によって異なります。

  • 10万円未満の場合:20%
  • 10万円以上100万円未満の場合:18%
  • 100万円以上の場合:15%

の利息が上限となっています。

金融業者では、出資法を基準にしていることが多いです。

そこで、差額を計算して、払いすぎている利息分の金額(過払分)を元金返済に充てます。

その際、任意整理の手続きを行い、債権者と交渉し、以降の利息をカットするという契約を結ぶことで、利息のない返済が可能となります。

しかし、債務の残高は返済しないといけませんので、返済するだけの所得が必要となります。

メリット

  • 状況によって、借金が帳消しとなる可能性があります。
  • 財産は手放さなくてよいです。
  • 裁判所の手続き不要です。
  • 資格の制限がないです。
  • 官報に掲載されないです。

デメリット

  • ブラックリストに掲載されます。
  • 債権者の同意が必要となります。

 

>>街角相談所の公式サイトを見てみる

 

民事再生(個人再生)

借金の返済が難しいことを裁判所に認めてもらうことで、借金を減額する方法です。

この認可が下りた場合、例えば、債務は5分の1まで減額が可能となります。

持家などの財産は、そのまま保有して借金を返済することができます。

メリット

  • 財産は手放さなくてよいです。
  • 資格の制限がないです。

デメリット

  • 借金は帳消しとならないです。
  • 裁判所の手続き必要です。
  • ブラックリストに掲載されます。
  • 官報に掲載されます。
  • 状況によっては、債権者の同意が必要となります。

自己破産

財産がなく、借金の返済ができないことを裁判所に認めてもらうことで、借金の支払い義務が免除される方法です。

この方法を使うと、住宅、車などの財産を手放すことが必要になる場合があります。

自己破産を行う場合、借金の原因がギャンブル、風俗など借りた側に落ち度がある場合、借金の支払い義務が免除されない場合があります。

メリット

  • 借金は帳消しとなります。
  • 債権者の同意が不要となります。

デメリット

  • 財産は手放す必要があります。
  • 裁判所の手続き必要です。
  • 資格の制限があります。(破産手続き開始から免責の許可がでるまで司法書士、弁護士などの職業に就くことができません。)
  • ブラックリストに掲載されます。
  • 官報に掲載されます。

まとめ

今回、債務整理の方法として、3種類の方法を解説しました。

その中で、自己破産の最大のメリットは、借金が帳消しとなるということです。

デメリットは、財産を手放すことが必要になる場合があるということです。

あと、ブラックリストの掲載がありますが、これは、他の債務整理を行っても同様に掲載されます。

掲載期間は、掲載先によって、5年から10年になりますので、その間は、新たな借り入れができなくなります。

借金で苦しいのであれば、早めに専門家に相談することをおすすめします。

 

>>街角相談所の公式サイトを見てみる

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク