結婚式に出席するなどして、お金が必要となることがあります。

結婚式に出席すると、ご祝儀に数万円かかることもあります。

欠席すれば、お金は必要ないのですが、お世話になっている人の結婚式であれば、できれば断りたくないと思われます。

しかし、今、手元には、お金の余裕などありません。

では、どうしたらいいのでしょうか。

お金を作るには、副業治験、ギャンブル(おすすめできませんが)などありますが、お金を借りるという方法もあります。

お金を借りるということは、返さないといけません。

月々、ギリギリの生活をしていると、返済は、難しい場合があると思います。

何かを切り詰めなければなりません。

もし、ギャンブルに月々一定のお金を費やしているのであれば、ギャンブルをやめるか、限度額をきめると、残ったお金を借金の返済に回すことができます。

ギャンブルが好きな人であれば、この方法は酷かもしれません。

でも、ギャンブルで借金を作るよりはいい方法だと思います。

借りる方法は、いくつかあります。

銀行、消費者金融、クレジットカードなどになります。

その中で、消費者金融で借りるカードローンは、安全なのでしょうか。

消費者金融のカードローンについて、調べてみました。

消費者金融と言えば、金利が高いイメージがあります。

テレビでは、多くのコマーシャルが流れています。

さわやかなイメージのコマーシャルもありますので、このコマーシャルだけを見ると安心しますね。

でも消費者金融と聞くと、安全に借りれるのか、返せるのか、不安になると思います。

人によっては、闇金と正規の消費者金融を混同している人がいるのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

闇金について簡単に説明します。

闇金は、貸金業登録をせず、違法に高金利で業務を行っている業者や個人になります。

この闇金の行為は違法になります。

闇金のメリットは、たった1つです。

ブラックでも借りることができます。しかし、これ以外は、すべてデメリットとなります。

できれば、絶対、闇金に手を出してはいけません。

しかし、どうしてもお金がない、借りれない、作れない場合があると思います。

そういった場合、まずは、専門家に相談することをおすすめします。

専門家に相談することで、道が開ける可能性がありますし、気が楽になることもあります。

 

>>街角相談所の公式サイトを見てみる

 

闇金と正規の消費者金融の見分け方。

闇金とは関わらないことが一番です。

そのために、闇金業者を見分けるいくつかの要点をお教えします。

この要点をもとに、すこしでも、闇金を見分けて、安全に借入しましょう。

宣伝広告

  • 「ブラックでも即日融資OK」
  • 「〇〇万円融資、返済は○○円から」
  • 連絡先には、携帯電話番号が掲載。
  • 貸金業登録番号が掲載なし。

このような宣伝広告は、闇金の可能性が高いです。

絶対に引っかかってはいけません。

都合の良い条件を並べ、絶対、借りれるという気持ちにさせて、勧誘します。

この気持になるのは分かります。しかし、ここで、しっかり内容を確認することが必要です。

「ブラックでも即日融資OK」

債務整理で信用情報に傷がついている、いわゆるブラックと言われる方でも借りれるという誘い文句です。

この誘い文句を書かれると、手が出そうですが、ここは、堪えることが必要です。

闇金では、かなり都合の良い条件を掲載しています。

カードローンでは、信用情報で融資を行います。

そのため、審査がないという金融業者は、正規の金融業者ではない可能性があり、闇金の可能性が高いです。

審査がないということは、それだけ、借りやすいですが、そこが、落とし穴となります。

借入ができるのは、良いことですが、法外な金利で返済を行うこととなるかもしれません。

そうなる前に、一旦、冷静に判断することが必要です。

「〇〇万円融資、返済は○○円から」

闇金では、広告に金利が掲載されていない場合があります。

そのため、高い金利になっている可能性があります。

例えば、「10万円融資、返済は、5,000円から」と書かれると、月々5,000円なら返済できそうと思ってしまいます。

しかし、この返済額には、期限が記載されていません。

5,000円の20回払いであれば、10万円になります。(利息なしの場合)

20回と言えば、1年8か月です。

この期間であれば、借りやすそうですが、闇金では、当然、法外な利息が加算されますので、その期間では、終わりません。

こちらも、法外な金利で、返済額が膨大となる可能性があります。

連絡先には、携帯電話番号が掲載。

連絡先が、フリーダイヤル、固定電話ではない場合、闇金の可能性があります。

貸金業規制法で貸金業者登録簿に登録された番号を表示すると記載されています。

貸金業者登録簿に登録された電話番号は、フリーダイヤルまたは、固定電話の番号となります。

その為、連絡先に携帯電話番号が掲載されている場合、闇金の可能性が高いです。

まずは、固定電話、フリーダイヤル以外の電話番号が連絡先の場合、闇金と疑い、電話しないことをおすすめします。

なお、貸金業登録番号で、登録されている広告用電話番号が確認できます。

登録貸金業者情報検索サービス(http://www.fsa.go.jp/ordinary/kensaku/)で検索できますので、そちらで確認することをおすすめします。

こちらに連絡先と同じ電話番号が記載されていれば、一安心です。

貸金業登録番号が掲載なし。

闇金は、「貸金業登録をせず...」と先ほど記載しました。

貸金業登録とは、貸金業で営業するには、国もしくは、都道府県の許可が必要となります。

また、3年毎に更新が必要となります。

登録、営業の許可を受けている業者には、事務所や、広告には、貸金業登録番号を表示する義務があります。

そこで、貸金業登録番号が掲載されていない場合、闇金の可能性が高いです。

ただし、登録番号が掲載されている場合でも、架空の番号や、他の業者の番号を掲載している場合があります。

登録番号は、登録貸金業者情報検索サービス(http://www.fsa.go.jp/ordinary/kensaku/)で検索できますので、そちらで確認することをおすすめします。

この検索で登録されている情報と広告に掲載されている情報が同じであれば、一安心です。

 

スポンサーリンク

正規の消費者金融は安全なのでしょうか?

闇金が危険なことは、先ほど記載しました。

それでは、正規の消費者金融であれば、安全なのでしょうか。

グレーゾーン金利

消費者金融と聞くと、あまりいいイメージはないと思います。

少し前まで、消費者金融の返済が大変でした。

なぜ大変かと言いますと、金利が最大29.2%になり高かったためです。

利息制限法で定められた金利と出資法で定められた金利の間の金利を利用しています。

この領域をグレーゾーンと言います。

しかし、2016年に貸金業法が改正されたため、金利が20%以下に引き下げられました。

以前は金利が高いというイメージでしたが、貸金法改正により、クレジットカードと変わらない金利で借りることができます。

正規の消費者金融であれば、金利については、安心できると思います。

貸金業登録

正規の消費者金融であれば、貸金業登録を必ず行っているはずです。

この貸金業登録を行っていることで、安心して利用できると思います。

テレビでコマーシャルを流している業者も同様に登録されているはずです。

一度、確認されてみてはいかがでしょうか

登録番号は、登録貸金業者情報検索サービス(http://www.fsa.go.jp/ordinary/kensaku/)で検索できます。

やはり、この貸金業登録が行われていることで、安心感が違うと思います。

登録されていない、貸金業者からは、借入しないことをおすすめします。

まとめ

お金を借りる理由は、人それぞれですが、そのお金がないと、生活が成り立たない場合もあれば、信用が落ちる場合もあると思います。

そんな時、すぐに審査が通って即日借入もできる消費者金融は、便利ですし、命綱の場合もあるでしょう。

しかし、借入したら返済が待っています。

借入する先が、闇金などの不正な消費者金融であれば、命綱どころか、生活が破綻しかねません。

そこで、正規の消費者金融であれば、昔ほど金利が高くありませんし、審査も銀行ほど厳しくは無いようです。

テレビコマーシャルなどを行っている、大手の消費者金融は、おすすめです。

また、こちらの「セントラル」も消費者金融です。

以前、「消費者金融「セントラル」の口コミについて」という記事を書かせていただいていますので、参考にどうぞ。



>>セントラルの公式サイトを見てみる

女性の方は同じセントラルグループのマイレディスがおススメです。

コールセンターも女性が対応していますので、安心して相談できます。



>>女性専用キャッシング マイレディスの公式サイトを見てみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク