消費者金融で、借金をしたら、その時は、生活が楽になると思います。

しかし、返済が滞り、返済ができなくなった場合、債務整理を行うと思います。

債務整理の任意整理は、住宅や、車など財産を残すことができます。

ただ、任意整理をすると、信用情報機関(CIC、JICC、JBA)が保有している個人信用情報に事故情報として記録されます。

記録されることで、ブラックリストの状態となります。

債務整理を行うと、いずれも、信用情報に傷がつき、事故情報が記録され、ブラックリストに載ります。

ブラックリスト状態の間は、クレジットカードは作ることも、新たな借金も審査で落ちる可能性が高いです。

できれば、債務整理は、避けたいですが、借金をそのまま放置するのは、危険(延滞損害金が増え続けてしまいます。)なので、仕方なく、債務整理を行われていることでしょう。

信用情報機関の保有期間が終わると、記録された事故情報が抹消されます。

この記録される期間は、任意整理の手続きを行った後、約5年間となります。

これで、クレジットカードを作ったり、新たな借金をすることができるようになります。

そこで、この任意整理後の5年が経過した後、迷惑をかけた消費者金融に再度、借入ができるのでしょうか。

調べてみましたので、参考にどうぞご覧ください。

 

スポンサーリンク

信用情報の記録。

個人信用情報の事故情報は、信用情報機関が保有しています。

この保有している情報は、ある一定の期間が過ぎると、抹消されます。

その為、その期間を過ぎることで、再度、借入ができるようになります。

しかし、この信用情報は、信用情報機関以外に自社の信用情報にも記録されます。

この自社の信用情報に記録されることが、「社内ブラック」と言われています。

私は、信用情報機関にのみ事故情報が記録されると思っていましたので、少し意外でした。

社内ブラックとは、どのようなものでしょうか。

社内ブラックは、消費者金融や、クレジットカード会社が社内で独自に記録しているブラックリストの事です。

過去に、迷惑(滞納、債務整理など)をかけられた債務者の情報が記録されています。

債務整理をすると、この「社内ブラック」に記録されてしまいます。

信用情報機関とは別に社内ブラックに記録する理由は、何かあるのでしょうか。

やはり、仕方ないですが、一度、自社に迷惑をかけた債務者を特定したい為では、ないかと思われます。

記録されるのは、仕方がないとして、どのぐらいの期間、この事故情報が「社内ブラック」に保存されるのでしょうか。

社内ブラックの保有期間はありますか?

社内ブラックは、社内独自の信用情報となります。

信用情報機関が保有している事故情報とは異なりますので、保有期間は決められていないようです。

その為、社内ブラックに記録されると、一生残る可能性があります。

会社独自の規定になるでしょうから、仕方ないことではあります。

この「社内ブラック」は、会社独自の信用情報ということですが、他に影響は、ないのでしょうか。

グループ会社や、関連会社から借金をするときに、影響して審査が落ちる可能性はあるのでしょうか。

社内ブラックは、共有されることはありますか。

例えば、グループ会社などに社内ブラック情報は、共有されるのでしょうか。

社内ブラック情報は、グループ会社に共有される可能性があります。

また、関連会社にも影響が出る可能性もあります。

例えば、消費者金融と銀行が提携している場合、消費者金融の社内ブラックに信用情報が記録されている場合、銀行の借入審査に影響する場合があるようです。

ただ、最終的には、銀行側の判断になりますので、問題なく、借入ができる可能性もあります。

 

スポンサーリンク

任意整理後、迷惑をかけた消費者金融から再度借入はできるのでしょうか。

信用情報機関の保有期間が過ぎた場合、信用情報機関の保有している情報は抹消されますので、新たに借入ができるようになると思われます。

ただ、任意整理の情報は、社内ブラックに記録されたままとなります。

その為、迷惑をかけた消費者金融では、社内ブラック情報も含めて審査を行いますので、再度借入することが難しくなります。

また、他の消費者金融や、クレジットカード会社であっても、グループ会社であれば、社内ブラック情報が影響して、審査に落ちる可能性があります。

最終的には、再度借入する場合も、借入先の判断になりますので、その判断によって、可能性は、低いですが、審査が通る可能性はあると思います。

まとめ

今回、消費者金融の任意整理を行った後に再度、同じ消費者金融から借り入れができるかどうか調べてみました。

任意整理の情報は、信用情報機関に記録され、保有される期間は、約5年間となります。

その期間は、消費者金融、クレジットカード会社から借入について、審査が通らない可能性が高いです。

しかし、保有期間が過ぎると、信用情報は、抹消されますので、また、借入ができるようになると思います。

ただ、迷惑をかけた会社には、社内ブラックとして、信用情報が記録されていますので、信用情報機関の保有期間が過ぎても、同じ会社からの借入はできない可能性が高いです。

また、社内ブラックの情報が共有され、グループ会社での借入もできなくなる可能性があります。

さらに、関連会社がある場合、そちらにも社内ブラックの影響で審査が通りにくい場合があるかもしれません。

任意整理などの債務整理を行うと、信用情報機関に情報が記録されるのはもちろんですが、「社内ブラックリスト」にも記載されるので注意が必要です。

借金を滞りなく返済できるのであれば、こんな心配は不要なのかもしれません。

仕方なく、任意整理をされている人がほとんどではないでしょうか。

それでも、信用情報機関の保有期間後に、どうしても、再度、借入をする必要がある場合、迷惑をかけた会社以外から、借入すると審査が通る可能性があります。

最後に、迷惑をかけた会社であっても、最終的には、その会社の判断によって審査が行われますので、可能性は低いですが、審査が通ることもあるかもしれません。



>>セントラルの公式サイトを見てみる

女性の方は同じセントラルグループのマイレディスがおススメです。

コールセンターも女性が対応していますので、安心して相談できます。



>>女性専用キャッシング マイレディスの公式サイトを見てみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク