リボ払いでは、定額を毎月払うことで返済します。

その為、月々の生活に与える影響が少ないと思いリボ払いを選ばれている方が多いのではないでしょうか。

しかし、クレジットカードのリボ払いを利用するということは、クレジットカードを利用するということになります。

リボ払いだと、月々の支払が抑えられるので、安易にクレジットカードを利用する機会が増えているのではないでしょうか。

一括払いであれば、支払は、翌月、翌々月または、ボーナスなどで完済になると思いますので、収入に対する支払が見える形となっていると思います。

例えば、今月の通帳の残高が20万円で、クレジットの支払が5万円だったら、簡単に考えると、後15万円分買い物ができます。

この残高を認識し、今月使える金額を計算し、もし、残高を超えそうなら、クレジットカードの利用を控えるのではないでしょうか。

しかし、リボ払いだと、月々の支払が固定なので、総支払額をあまり意識せず、クレジットカードの限度額まで、買い物をしてしまうかもしれません。

リボ払いだと、残額と、いつまで支払うのか、正しく意識して、買い物をすることを心掛けるようにしたいですね。

今回、クレジットカードのリボ払いで、2社から借入をしていて、その総額は、合わせて、40万円程になっているとします。

クレジットカードの利用しすぎを抑えるため、クレジットカードのリボ払いをやめて、消費者金融のカードローンを申し込みたい場合、金利などは、お得になるのでしょうか。

または、あまり変わらないのでしょうか。

調べてみましたので、参考になればと思います。

スポンサーリンク

リボ払いとは?

リボ払いは、クレジットカードの支払方法の一つになります。

通常クレジットカードを利用して、商品を購入すると、金利が付かない、支払回数が、1回、2回、ボーナス一括などありますが、1回払いであれば、翌月、全額完済します。

リボ払いは、いくつか支払方法がありますが、今回、定額の支払について解説します。

この定額支払いは、毎月決まった金額だけを支払うようになります。

例えば、、5万円分の商品を購入した場合、毎月1万円の支払を行います。

その為、毎月の支払額が一定の為、生活に与える負担が少なくなります。

支払例:

金利は、表示していません。

しかし、もちろん、リボ払いには、「金利」がかかります。

この金利は、会社によって、異なりますが、だいたい年利15.0%位のところが多いようです。

利用しすぎると、返済総額が増えますので、注意が必要です。

自分の支払能力を考慮して、商品を購入しましょう。

また、月々の支払は、定額ですが、結局は、買い物した代金+利子を全て払う必要がありますので、よく考えて買い物をしましょう。

スポンサーリンク

リボ払いとカードローンの金利は違いますか?

40万円を借入れる場合について、比較してみます。

クレジットカードのリボ払いの金利は、だいたい、年率15.0%位になります。

金利は、会社毎に異なりますが、消費者金融のカードローンは、信用情報や借入限度額などを元に金利を計算しています。

また、利息制限法の上限金利が適用されていると、10万円以上100万円未満の場合になりますので、金利は18.0%位になります。

参考に、利息制限法の利率は、

  • 0~10万円未満:年率20.0%
  • 10万円~100万円未満:年率18.0%
  • 100万円~:年率15.0%

となります。

リボ払いと、カードローンを単純比較すると、金利は、3%位、消費者金融のカードローンが高くなりますね。

金利が高いということは、総支払額が高くなるということです。

この金利であれば、借り換えると損をしてしまいます。

もし、消費者金融のカードローンを利用するのであれば、リボ払いより安い金利の会社を選ぶ必要あります。

消費者金融のカードローンのメリットはありますか。

会社によっては、金利を抑えることができる場合があります。

例えば、消費者金融のセントラルの貸付利率は、4.80%~18.00%となっています。

金利が下がれば、支払総額も下がりますので、負担が減ります。

クレジットカードと比べると、メリットはあまりないようです。

では、銀行のカードローンに比べたメリットはあるのでしょうか。

スピード

融資までの時間が早いです。

審査も、最短30分で完了する場合があります。

その為、急にお金が必要になった、給料までお金が持たないなど、そういった場合に、審査が早いと、それだけ融資されるまでの時間が短縮されます。

その為、即日融資を謳っている会社もあります。

審査

銀行に比べ、いい方は良くありませんが、審査が甘い場合があります。

ただ、この甘さは、注意が必要です。

闇金などの悪徳業者に引っかからないようにしましょう。

例えば、

  • 「ブラックでも即日融資OK」
  • 「〇〇万円融資、返済は○○円から」
  • 連絡先には、携帯電話番号が掲載。
  • 貸金業登録番号が掲載なし。

といった広告の場合、闇金の可能性が高いです。

このような広告には、注意してください。

無利息

テレビコマーシャルなど消費者金融の広告で、よく見かけるのが、新規顧客を対象にした最初の一定期間無利息で借入できるサービスです。

初めて、消費者金融を利用し、すぐに返済ができるのであれば、無利息で、お金を借りることができます。

もし、どうしても消費者金融からお金を借りるのであれば、こういったサービスを利用するとお得に利用できます。

リボ払いのメリット、デメリット

メリット

定額支払だと、月々の支払を抑えることができます。

その為、生活にゆとりが出てきます。

計画的であれば、リボ払いを利用して、ちょっと高い買い物もできます。

デメリット

リボ払いで買い物を続けると、支払が長期化し、借金だけが増えていきます。

しかも、支払が一定額になりますので、借金をしている意識が薄れてしまいます。

そこがデメリットです。

ただ、このデメリットは、しっかりと計画を立てて、リボ払いを活用することで、回避できます。

大事なのは、今、いくら借金があり、いつまで支払を続けるのかしっかりと把握しておくことだと思います。

その上で、買い物を楽しむようにしましょう。

まとめ

クレジットカードのリボ払いと消費者金融のカードローンを比べた場合、金利は、会社によって異なりますが。

利息制限法を元に比較すると、リボ払いがお得になるようです。

今回の40万円をリボ払いからカードローンへ借り換えると金利が上がる可能性があります。

ただ、詳細は、先ほど書きましたが、会社によって異なりますので、借りたい会社の情報を収集することをおすすめします。

また、クレジットカードの利用を抑えたのであれば、リボ払いをやめるのが一番いいと思います。

しかし、リボ払いをやめるのが難しいのであれば、利用枠の金額を下げるとよいと思います。

そうすることで、その利用枠の金額以上は、クレジットカードが利用できなくなり、クレジットカードの利用を抑えることができます。

ただ、この利用枠は、一旦下げると、増額するのは、難しい場合があるので、よく検討して、利用枠の金額を下げることをおすすめします。



>>セントラルの公式サイトを見てみる

女性の方は同じセントラルグループのマイレディスがおススメです。

コールセンターも女性が対応していますので、安心して相談できます。



>>女性専用キャッシング マイレディスの公式サイトを見てみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク