お金を借りる必要に迫られた時、まず誰からお金を借りることを考えるでしょうか?

「親」を思い浮かべたるも多いのではないかと思います。

一番話しづらい存在であり、一番親身になってくれる存在。

例えば「結婚」といったおめでたいことに必要なお金であれば、ウキウキしながら話をしてしまうかもしれません。

しかし「借金があって困っている」とはなかなか話しづらいのではないでしょうか。

>>静岡銀行カードローン「セレカ」の公式サイトを見てみる

 

親に充分な資力があるなら、勇気を振り絞って親に借りるべきです。

もし、親に十分な資力があり、気軽に借りられる環境・雰囲気であれば、親ほど良いお金の借入先はありません。

 

まず利息を払う必要が原則ありません。

また、信用情報に登録されるといったこともありません。

 

それに約束の時に返済することができなくても、遅延損害金を取られることも無いでしょう。

もし、そのような親の存在があるなら、非常に恵まれているということができるでしょう。

ただし、気持ちでいいので、利息はつけましょう。あと、借用書も。

社会人になった以降、数十万円から数百万円といった高額なお金を親から借りる場合、「借用書」を書いた上で、利息も付けて返済することも考えましょう。

 

「親からお金を借りるのに借用書なんて・・・」と思うかもしれません。

 

数万円程度のお金であれば、いちいち借用書を書く必要は無いと思いますが、大きな金額を借りるなら、お互い大人としてのけじめを付けることも考えましょう。

借用書を作成すれば、お金を借りやすくなるでしょうし、しっかりと返済していく気持ちにもつながります。

また、たとえ1パーセントでも利息を付けて返済するとなお良いと思います。

 

キャッシングやカードローンの利用を考える

親が既に定年退職しているとか、年金で暮らしている場合は、親から借金するなんて考えることもできないでしょう。

いくら親でも十分な資力が無いなら、たとえ数千円のお金であっても借りるべきできないでしょう。

 

逆に貸してあげる立場ですね。

そのようなケースでは、キャッシングやカードローンが借入先の第一候補です。

 

もし親に十分な資力があっても、「迷惑をかけたくない」という気持ちがあるなら、キャッシング・カードローンからお金を借りることを第一に考えるのではないでしょうか。

 

そのような金融サービスの場合は、利息を付けて毎月しっかり返済していく必要がありますが、ビジネスですから、返済が終わってしまえば基本的に関係は終了します。

 

その方が「あとくされ」がなくてスッキリしています。

お金を借りる目的にもよると思いますが、親からお金を借りることは考えずに、キャッシングやカードローンから借りることを第一に考えても良いのではないかと思います。

 

まとめ

いま、おススメのカードローンは静岡銀行カードローン「セレカ」です。

安心の銀行カードローンで最短45分で審査完了。

くわしくは公式ホームページへ

>>静岡銀行カードローン「セレカ」の公式サイトを見てみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク