現在、総量規制の範囲外の銀行カードローンですが、最近、規制についての話題が多く見られるようになりました。

私も銀行カードローンには利便性が高いので随分お世話になりましたが、その利便性にも少し雲行きが怪しくなってきた感じがします。

 

>>静岡銀行カードローン「セレカ」の公式サイトを見てみる

 

毎日新聞より

銀行の無担保の個人向け「カードローン」で、多くが消費者金融会社には禁じられている「年収の3分の1超」の貸し付けを行っていることが、朝日新聞の調査でわかった。

年収を上回る貸し付けもあり、貸付額の上限がない銀行が高額な貸し付けを行っている実態が明らかになった。

 

全国銀行協会の正会員120行に対して4月中旬に書面で聞き、101行が回答した。

カードローンを提供しているのは96行。

貸付額が「年収の3分の1を超える」のは80行で、うち19行は年収を超える場合もあるとした。

「3分の1を超えない」は3行だった。13行は回答しなかった。

 

改正貸金業法で消費者金融は「年収の3分の1超」の貸し付けが禁止されているが、銀行は対象外だ。

アンケートで銀行にも「3分の1超」を規制すべきか尋ねたところ、「不要」が35行、「必要」は4行だった。

62行は「わからない・未回答」とした。

不要とした銀行は「適切に判断できる」「まとまったお金が必要な場合がある」、必要だとした銀行は「消費者の保護を優先すべきだ」などとコメントした。

 

規制の必要性は認めつつ「一律に年収3分の1以下とするのは疑問」「保証会社に審査を任せる場合だけ規制すべきだ」との意見もあった。

多重債務への懸念から、日本弁護士連合会は銀行への規制を求めている。

全銀協は消極的だが、3月に過剰融資の対策を各行に求めた。

アンケートでは77行が「対応している」とし、具体策として、広告の見直しや審査の厳格化を挙げた。

 

まとめ

早めの利用を考えた方がいいかもしれませんね。

実際に規制がされた場合、さらに返済に困る方が増えることは必至でそのような方は、非合法に頼ることになってしまいます。

弱者のためにも、慎重に導入を願います。

>>静岡銀行カードローン「セレカ」の公式サイトを見てみる

仙台銀行フリーローン 公式サイトを見てみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク