返済に困っていると、借りれる場所があれば、どこでもいいので、借りたくなると思います。

また、お金を借りないと生活ができなくなる場合もあるでしょう。

お金を借りる場合、銀行、クレジットカード、消費者金融などがあります。

その中で、審査が比較的、通りやすいのは、消費者金融ではないでしょうか。

消費者金融は、国や都道府県に貸金業者としての登録を行っている正規の業者と、登録を行っていない業者(闇金)があります。

闇金には、闇金とソフト闇金があるようです。

闇金とソフト闇金に違いがあるのでしょうか。

また、ソフトというぐらいですから、安全にまた、安心して利用できるのでしょうか。

調べてみましたので、参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

闇金とは

貸金業を営む場合、国や都道府県に届出を行い貸金業としての登録を行う必要があります。

登録をせず、貸金業を行う業者を闇金と言います。

また、登録を行っていても、出資法の制限を超える、不当に高い金利でお金を貸す場合、闇金と言われています。

上記のように、違法に貸金業を行っている場合、闇金と言われています。

違法ということで、その取立てもかなり厳しい方法がとられているようです。

闇金は、銀行や、正規の消費者金融でお金が借りれず、最後の最後に行きつくところだと思います。

それほどお金に困っている状態なのに、高い金利でお金を借りても、返済することができるのでしょうか?

もし、返済できない場合、厳しい取り立てに合うことになるのではないでしょうか。

取立てについても、貸金業法に「取立て行為の規則」として、記載されており、正規の貸金業者は、貸金業法、または、独自に作ったガイドラインに沿って、営業を行っているはずです。

しかし、闇金は、そのような法律を無視して営業しています。

その為、闇金は、危険な業者となります。

借入審査は、優しいかもしれませんが、違法な営業を行っている業者からは、何をされるかわかりません。

絶対に借入してはいけません。

最近は、闇金以外にソフト闇金という言葉を聞くとがあるのではないでしょうか。

ソフト闇金は何が「ソフト」なのでしょうか?

ソフト闇金とは

闇金と同じで、貸金業としての登録を行っていない業者または、不当に高い金利でお金を貸す業者となります。

ただ、金利が、通常の闇金より低く抑えられている場合があるようです。

しかし、金利が抑えられているといっても、貸金業法の最大金利となる20%を超える、だいたい、30%位が設定されています。

貸金業法の最大金利より10%程度高い金利なので、「ソフト」と言われているようです。

貸金業法の改正以前は、当時の出資法で、最大金利が29.2%、利息制限法で、最大金利20%と設定されていました。

20%超~29.2%が所謂「グレーゾーン」と言われています。

その29.2%とあまり変わらない30%位の金利が「ソフト闇金」で、設定されている為、当時、消費者金融を利用していた人であれば、手を出しやすいのではないでしょうか。

しかし、金利に惑わされないようにしましょう。

ソフトと言われていても、闇金です。

違法な営業を行っていると思いますので、絶対に手を出してはいけません。

「ソフト闇金」は、名前に「ソフト」とついていますが、取立てはソフトではないと思われます。

 

>>街角相談所の公式サイトを見てみる

インターネットで、「ソフト闇金」を検索

インターネットで「ソフト闇金」を検索すると、多くの検索結果が表示されます。

なぜ、違法な営業を行っているのに、堂々と、インターネットに掲載しているのでしょうか。

個人間融資では、基本的に国や都道府県に貸金業としての登録が不要です。

「ソフト闇金」の業者によっては、その「個人間融資」を行っているので、違法ではないと考えているところもあるようです。

このように、検索結果が大量に表示されると、気持ちが揺らいで、借入してしまうかもしれませんが、そこは、ぐっと堪えましょう。

闇金とソフト闇金の違いは?

闇金に比べて、ソフト闇金は、金利が若干低く設定されていますが、本質は、闇金と同じになります。

借入する際は、優しく対応してもらえるようですが、返済が遅延したりすると、厳しい対応を取られるようです。

優しい対応は、お金を貸す為の方法でしかありません。

当然、最終的には、貸したお金を回収するのが目的なのです。

最初の優しい言葉に騙されないようにしましょう。

闇金とソフト闇金どちらが、安全で安心なのでしょうか。

闇金、ソフト闇金は、違法な営業を行っていると思いますので、どちらも、大変危険です。

絶対に借入してはいけません。

もし、返済が困難な場合、弁護士などの専門家に相談することをおすすめします。

また、誤って、ソフト闇金に手を出してしまった場合でも、専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

1人で悩まず、誰かに相談することで、気持ちを落ち着かせることができるのではないでしょうか。

ソフト闇金の見分け方。

対応が優しい為、闇金と気づきにくい場合があります。

では、どのようにして、見分けるのでしょうか。

貸金業登録番号を確認しましょう。

この貸金業登録番号と業者情報を確認することで、まずは、違法であるかどうか、確認できると思います。

登録番号は、登録貸金業者情報検索サービス(http://www.fsa.go.jp/ordinary/kensaku/)で検索できますので、そちらで確認することをおすすめします。

こちらに、業者情報が登録されていない、または、別の業者が登録されている場合、闇金の可能性が高いですので、そのような業者から借入しないことをおすすめします。

金利を確認しましょう。

正規の金融機関であれば、貸金業法の最大金利20%以下の金利となっているはずです。

この金利を超える場合、闇金の可能性があります。

特に、ソフト闇金は、以前の貸金業法の最大金利である、29.2%前後の金利が設定されていると思います。

この金利は、以前は、グレー金利でしたが、今では、違法になると思いますので、このような金利で、借入しないことをおすすめします。

まとめ

ソフト闇金と闇金の違いは、金利が若干安いということですね。

後、対応も優しく親身になってくれることもあるようです。

しかし、この対応は、お金を貸す為の方法でしかありません。

ソフト闇金は、「ソフト」とついているだけで、違法な営業を行っている業者であり、闇金です。

その為、闇金、ソフト闇金共に、危険であり、絶対借入してはいけません。

もし、借金の返済に困って、闇金に手を出そうとしているのであれば、絶対に、手を出さず、弁護士などの専門家に相談することをおすすめします。

また、すでに、闇金や、ソフト闇金に手を出してしまったという場合でも、同様に専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

 

>>街角相談所の公式サイトを見てみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク