昔はよくドラマなどでありましたよね。

借金に困った挙句、夜逃げ。

おまとめローンで減額ができるのは金利が高い方というのは、以前記載をさせて頂きました。

最近は法定金利以下での貸し付けが殆どですので、おまとめローンを利用しても少ししか金利が変わらないため、大幅に支払いを減らすというのはあまり期待できないでしょう。

そこで、減額に失敗した場合、どのような方法があるのでしょうか。

>>街角相談所の公式サイトを見てみる

 

 

夜逃げ

事業で失敗した人が夜逃げをするなどドラマでもありましたが、借金に時効が有るとはいえ夜逃げは基本的な解決方法にはなりません。

消費者金融や闇金などの金融機関は、少し落ち着いて取り立てがやってこないと安心したタイミングで、逃げた債務者が住民票を移すことを知っているので、債務者が支払いに困り夜逃げをしたとしてもすぐに探し回ることはありません。

 

ですが債務不履行の記録は5年又は10年以上残りますし、その間ズッと追われていないか気にし続ける必要があり、もちろんクレジットカードやローンなども全て審査に通りません。

夜逃げをしても人間らしい生活を続ける事がデキなくなるだけですから、夜逃げをするくらいであれば法的に認められた債務整理をしてやり直す事をオススメします。

 

債務整理での借金の整理とは

債務整理には種類があり、それぞれのメリットもデメリットも違うので、自分に合った債務整理の方法を選ぶ必要があります。

 

>>街角相談所の公式サイトを見てみる

 

任意整理とは

将来利息をカットしてもらったり毎月の支払金額を見直してもらえるように、裁判所を通さず債権者である消費者金融や銀行などの金融機関と直接交渉をします。

その際に過去払いすぎている過払い金などがあれば過去にさかのぼって返還請求できる場合もあり、それによって借金残高が0円になったり払い戻しがある場合もあります。

債務整理の中でも最も多いのが任意整理で、住宅や車など資産を保有したまま整理したい借金だけを選ぶ事が出来ます。

任意整理デメリット

任意整理をした後はブラックリストに載る為に、約5年ほどは新たな借入が出来なくなります。

また、将来利息の免除なので個人再生や自己破産ほどの大幅な減額が期待できるわけではありません。

個人再生とは

債務を5分の1から10分の1まで減らしてもらうように裁判所に再生計画案を提出して、認可されれば3年から5年かけて債務された金額を支払います。

その際に新たな金利はかかりません。

また、自己破産とは違って持ち家などの資産を保有したまま出来るので、5000万円までの多額の借金を抱えている人にオススメです。

個人再生デメリット

個人再生をした後はブラックリストに載る為に、約5~10年ほどは新たな借入が出来なくなります。

また、個人再生計画に則った支払いができない場合に認可取り消しになる可能性があるだけでなく、無職の人では出来ません。

 

自己破産とは

裁判所に破産申立を行い、税金以外の全ての債務をチャラにしてもらいます。

その際、持ち家や車などの全ての資産を手放す必要があります。

自己破産デメリット

自己破産をした後はブラックリストに載る為に、約5~10年ほどは新たな借入が出来なくなります。

また、一部の職業には就けなくなります。(警備員や保険など)

 

債務整理や自己破産というと大変なことのように聞こえますが、デメリットを見ると案外少ないことに気がつくと思います。

債務整理の種類によっては5年から最大で10年、新たな借り入れが出来ないという事が最大のデメリットですが、例えば再就職に不利になるとか、戸籍に載る、銀行の口座を持てなくなる等という事はありません。

 

また、ブラックリストに載る期間は現金で生活する習慣を取り戻す期間として捉える事で、期間が過ぎた後は住宅ローンを通すこともクレジットカードを持つことも可能になります。

 

債務整理は法的に認められた手段で有り、借金の整理をする事で人生をやり直すきっかけになるモノです。

今多重債務で苦しんでいるのであれば、出来るだけ早く専門家に相談することをオススメします。

>>街角相談所の公式サイトを見てみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク