平成14年に債務整理の自己破産を行いました。

それから、15年が過ぎました。

3年前にクレジットカードを作ることができました。

その後、車をディーラーローンで購入することができました。

さらに、3年経ち、車の買換えを検討し、今度は、金利が安い銀行を利用しようと思い、銀行のローンに申し込みを行いました。

銀行は、給与振込や、電気、ガス、電話など、色々な引き落としに利用していました。

しかし、審査は通りませんでした。

自己破産した際、その銀行からは、借入などがなく、迷惑はかけていないと思います。

自己破産した際の借入は、他の銀行と、信用金庫に迷惑をかけています。

よく言われる、信用情報機関に事故情報が記録されているのではないかと思い、CICで信用情報の開示を行いました。

しかし、事故情報は、すでに抹消されており、最近のクレジット情報が記載されているだけでした。

開示情報の入金状況は、「$」のみが記載されています。

また、返済状況は、空欄でした。

なぜ、銀行のローンが組めないのでしょうか。

調べてみましたので、参考にしてみてください。

 

>>仙台銀行フリーローン 公式サイトを見てみる

審査について

審査の基準は、住所、氏名、年齢や、他社借入残高など多岐にわたります。

この各々の審査で得点があり、その得点の合計により、審査が通るか通らないか決まるようです。

この審査については、こちら「審査のスコアリングとは」に記載していますので、参考にしてください。

審査は、金融機関毎に基準があるようです、その為、金融機関によって、審査が通る場合と通らない場合があります。

自己破産後の銀行での借入は?

お金

債務整理の自己破産を行った後、再度、借入ができるかどうかですが、CIC、JICCには、免責日から約5年間は、自己破産歴が記録されています。

また、全銀協(KSC)には、破産の開始決定日から約10年間は、自己破産歴の記録が残ります。

ということは、銀行は、全銀協に加盟している場合が殆どだと思いますので、銀行のローンを利用しようとする場合、10年間は、審査が通るのが難しいですね。

それでも銀行のローンを利用できるのでしょうか。

全銀協に加盟していない銀行または、全銀協の自己破産歴のみで審査しない銀行を探すことになると思います。

しかし、全銀協は、銀行の信用情報機関となりますので、全銀協に加盟していない銀行は、ほぼありません。

その為、自己破産歴が抹消されるまでの約10年間は、銀行のローンは、利用できないと思った方が無難です。

また、これもよく言われることですが、迷惑をかけた金融機関には、独自に事故情報(自己破産歴など)を保有しており、保有期間も永久となるようです。

その為、迷惑をかけた金融機関または、系列の金融機関などでの借入は、今後できない可能性が高いです。

もし、後々、住宅ローンを組む予定があるのであれば、借入できる金融機関の選択肢が減るのは、仕方ないですが、残念ですね。

 

スポンサーリンク

クレジットカード、ディーラーローンの借入

先ほど信用情報の保有期間について説明しました。

その中で、CIC、JICCがクレジットカードや、ディーラーローンで信用情報を確認する信用情報機関となります。

そして、自己破産歴は、約5年間記録された状態となりますので、この間は、新たにクレジットカードの作成や、ディーラーローンを組むことは難しいと思います。

今回は、自己破産から12年経っていたので、CIC、JICCから事故情報が抹消され、クレジットカードの作成や、ディーラーローンが組めたのではないかと思います。

自己破産をすると、クレジットカードや、ディーラーローンが組めるのか心配になりますよね。

CIC、JICCから事故情報が抹消された後でも、自己破産時に、迷惑をかけた会社に対しては、再度、クレジットカードの作成や、ディーラーローンを組むことは、難しいでしょう。

その為、もし、必要であれば、迷惑をかけていない会社では、クレジットカードの作成や、ディーラーローンを組むことができるかもしれません。

できれば、借入はしないに越したことがないですが、クレジットカードや、ディーラーローンを遅延や、滞りなく、利用することで、良い、信用情報が信用情報機関に記録として残ります。

まとめ

今回、自己破産から、15年経ち、銀行のローンを申し込みしましたが、審査に通りませんでした。

3年前にクレジットカードの作成や、ディーラーローンは組むことができています。

その為、CIC、JICC等の信用情報機関から自己破産歴は、抹消されているものと思われます。

また、全銀協については、破産から15年経っていますので、同様に信用情報は、抹消されていると思われます。

そこで、銀行のローンが組めない理由は、自己破産時に迷惑をかけた金融機関の系列の金融機関だったのではないでしょうか。

もし、そうでない場合、審査のスコアリングで、その金融機関の審査基準を満たせなかったのではないかと思います。

審査のスコアリングとは」も一緒にご覧ください。

自己破産歴は、自己破産から10年を超えると、信用情報機関からは、抹消されます。

その為、迷惑をかけた金融機関以外であれば、信用情報がない状態での審査となると思います。

一度、自己破産を行っている為、2度と債務整理しないよう、返済を意識して、お金の借入をしましょう。

 

>>静岡銀行カードローン「セレカ」の公式サイトを見てみる

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク