家を購入する際、現金一括で支払いをする人はあまりいないと思います。

やはり、住宅ローンを利用するのではないでしょうか。

それも、35年など長期に渡って返済をしていくことになるのではないかと思います。

では、返済にはどのような金利があるのでしょうか。

できれば、安く返済の負担が減るといいのですが。

調べてみましたので、参考にしてみてください。

 



>>住宅本舗 公式サイトを見てみる

住宅ローンの金利

住宅ローンには、金利は、「固定金利」と「変動金利」があります。

固定金利は、「全期間固定」と「固定期間選択」があります。

その為、住宅ローンには、「変動金利」「全期間固定金利」と「固定金利期間選択」の3種類があります。

では、それぞれの金利のメリット、デメリットについて、確認してみましょう。

全期間固定金利

この金利は、最初に決めた金利が完済するまで、変動しないということです。

その為、返済額が確定されるので、長期に渡り、計画が立てられるところがいいところですね。

景気の情勢によって、金利が上がったり下がったりしても、この全期間固定金利は影響を受けず、返済ができるようです。

更に、金利が低い時期に住宅ローンを組むとその低い金利で、全期間の返済ができます。

ただ、金利自体は、変動金利に比べて高く設定されているため、月々の返済額が高くなります。

それは、変動金利は、短期金利を採用し、全期間固定金利は、長期金利を採用しているためだと思われます。

先ほどの景気の情勢ですが、金利が下がることもありますので、その際は、影響を受けず、高い金利のまま返済する必要があります。

先の金利を見通すことができるといいんですが、予知能力などないので、難しいですね。

では、変動金利の場合は、どうなるのでしょうか。

変動金利

変動金利は、固定金利に比べて、金利が低く設定されています。

その分、返済額も安くなり借入当初の負担が少ないことがメリットとなります。

ただ、変動金利は、字の如く、金利が変動しますので、景気の情勢で金利が上がると、その分返済額が増えてしまいます。

また、返済額は、5年間一定になりますが、金利は6か月毎に見直されていますので、見直された金利によって、支払ったお金が、利息または、元金の返済に割り当てられます。

その為、元金があまり減らないということもあります。

固定金利期間選択

固定金利期間選択は、選択した固定期間毎に金利が見直されます。

固定期間は、短いもので、2年、3年、5年など、長いもので、15年、20年、25年などあります。

金利が見直される際、金利が下がれば、いいのですが、上がってしまうと、金利の負担が増えてしまいます。

また、固定期間によって、金利が変わり、短期間であれば、金利が低いですが、長期間であれば、金利が上昇します。

その為、固定金利期間選択は、変動型と全期間固定金利の中間のような金利となっています。

変動金利と固定金利期間選択

変動金利と固定金利期間選択は、共に、金利が変動します。

その為、景気の情勢によっては、返済額が大きく変動する可能性がありますので、注意が必要です。

スポンサーリンク

どの金利がおすすめでしょう。

住宅ローンの金利が3種類ありますが、それぞれ、メリットデメリットがありました。

変動金利は、低い金利で返済が始まるので、借入時は、負担が少なく済みます。

ただ、景気によって、もし、金利が上がると、当然、返済額が上がってしまいます。

その為、この変動金利を選ぶ場合、返済期間が短い人におすすめだと思います。

全期間固定金利は、月々の返済額が固定となりますので、将来の計画が立てやすいと思います。

ただ、金利自体が高めに設定されていますので、ちょっと選びにくいところがあります。

しかし、将来を見据えて、計画を立てたい人には、返済額が変動しないため、おすすめです。

固定金利期間選択は、変動金利と全期間固定金利の中間のようなものです。

その為、ある一定期間(選択した固定金利期間)は、元金の返済額を確定させたい人におすすめです。

まとめ

今回、住宅ローンの返済方法で変動金利と、固定金利について説明させていただきました。

変動金利は、返済当初は、返済額を低く抑えることができます。

しかし、景気に左右されることがありますので、短期間で返済を終える人におすすめです。

全期間固定金利は、返済額が確定していますので、将来の計画を立てる方または、長期間借入する方におすすめです。

固定金利期間選択は、変動金利と全期間固定金利の中間の金利となります。

その為、変動金利か、全期間固定金利か決められない人におすすめではないでしょうか。

家は、高い買い物です。

人生で、何度も買い替える人もあまりいないと思います。

その家を買う際に住宅ローンを利用すると思いますが、もちろん、金利が低くいところで借りたいですよね。

全期間低い金利で借りることができると一番いいのですが、そうもいかないようです。

また、途中で借り換えなどできると思いますが、その際必要となる手数料などを考えると、また悩んでしまいますよね。

変動金利、固定金利それぞれメリット、デメリットがありますので、よく考えて決められることが大切です。



>>住宅本舗 公式サイトを見てみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク