消費者金融から借入する際、気になるのが借入限度額ですね。

いくらまで借入できるのでしょうか。

そもそも、借入の限度はどのように決められているのでしょうか。

また、クレジットカードを利用している場合、そのショッピング枠とキャッシング枠は、借入限度額に影響するのでしょうか。

調べてみましたので、参考にしてください。



>>セントラルの公式サイトを見てみる

借入限度額

利用者が消費者金融から借入できる限度額は、法律で定められています。

その法律とは、貸金業法です。

貸金業法で、利用者が貸金業者から借入できる総額を規制しています。

この規制を「総量規制」といいます。

では、この総量規制とは一体どのような内容なのでしょうか。

総量規制

先ほど書きましたように、利用者が消費者金融から借入できる限度額を規制しています。

規制内容は、お金を貸す際、利用者の年収に対して、3分の1を超える貸付の、契約をしてはならないということです。

これは、貸す側の規制となります。

その為、もし、年収の3分の1を超える貸付を行った場合、貸金業者が行政処分の対象となるようです。

また、借りる側には、行政処分や刑事罰は科せられませんが、契約通り返済を行う必要はあります。

では、具体的に総量規制はどのように規制されるのでしょうか。

例えば、年収300万円の人であれば、貸付できる限度額は、年収の3分の1の100万円となりますので、100万円を超える貸付はできません。

この100万円は1社からではなく、借りる人の合計借入額となります。

その為、消費者金融各々の、A社から30万円、B社から40万円借りていたとした場合、C社は、30万円を限度として貸付が可能となります。

ただ、この総量規制には、例外が設けてあります。

借入金のすべてが総量規制の対象ではないのです。

では、どのような場合に総量規制の対象外となるのでしょうか。

総量規制対象外

総量規制には、対象外となる貸付があります。

この対象外となる貸付は、そもそも総量規制の貸付残額には含まれません。

対象外となる主な貸付は以下の通りです。

  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 高額療養費の貸付け
  • 有価証券担保貸付け
  • 不動産担保貸付け(居宅以外)

まあ、住宅ローンなどは、高額になりますので、そもそも年収の3分の1を超えてしまうのではないでしょうか。

住宅ローンなどは、対象外となって妥当ですよね。

総量規制の例外

総量規制の対象外は、そもそも総量規制の貸付残額には含まれないといいました。

それでは、例外はどのようになるのでしょうか。

例外の場合、貸付残額には加算されますが、年収の3分の1を超える場合でも、超える部分に対して、利用者に返済能力があると判断され、貸付が可能となることです。

例えば、年収が300万円あり、すでに100万円借入ている状態で、急遽、医療費が必要となりさらに20万円借入たいといった場合は、通常、年収の3分の1を超える額を貸付できませんが、緊急の医療費の貸付と判断された場合、貸付可能になる場合があります。

これが例外の貸付となります。

例外となる主な貸付は以下の通りです。

  • おまとめローン
  • 緊急医療費の貸付け
  • 特定緊急の貸付け
  • 個人事業者への貸付け
  • 配偶者と合算して、年収の合計の3分の1を超えない貸付け

では、クレジットカードのショッピングとキャッシングはどのようになるのでしょうか。

対象外または、例外となるのでしょうか?。

 

スポンサーリンク

クレジットカードのショッピング枠

実は、ショッピングについては、貸金業法の対象ではありません。

別の法律の対象となります。

その為、そもそも、総量規制の対象にはなりません。

では、どのような法律で規定されているのでしょうか。

ショッピングのリボ払い、分割払い、ボーナス払いは、「割賦販売法」で定められています。

ショッピングは、総量規制の対象ではないということで、一安心ですね。

では、キャッシング枠はどのようになるのでしょうか。

クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードのキャッシングは、貸金業法が適用されます。

その為、総量規制の対象となります。

ただし、キャッシング枠の利用していない金額は、総量規制の対象ではありません。

あくまでも、キャッシング枠内の利用した金額が総量規制の対象となるようです。

そもそも、総量規制の対象とならない借入

総量規制は、貸金業法が適用されて初めて規制されるものです。

貸金業法以外の法律が適用される場合、当然、総量規制の対象外となります。

例えば、銀行系のクレジットカードです。

銀行系のクレジットカードは、銀行法が適用されている為、総量規制の対象外となります。

もちろん、借りすぎには注意しなくてはなりませんが、総量規制を回避して、クレジットカードのキャッシングを利用する場合、銀行系のクレジットカードが狙い目だと思います。

まとめ

今回、クレジットカードのキャッシング枠とショッピング枠が総量規制の対象となるのかどうか、調べてみました。

そこで分かったことは、ショッピング枠は、「貸金業法」ではなく「割賦販売法」で定められていることがわかりました。

その為、ショッピング枠は、貸金業法の総量規制の対象外となります。

キャッシング枠に関しては、総量規制の対象となりますが、枠自体が対象ではなく、キャッシングしている金額が対象となるようです。

総量規制というと、お金を借りたい人には、厳しい制限となっていますが、これも、借りすぎを抑えるための制限となっていますので、仕方ないことかもしれません。

ただ、緊急を要する、医療費などは、例外として総量規制を超えて借入れることができる場合があるようです。

これは、ありがたいですね。

 

>>静岡銀行カードローン「セレカ」の公式サイトを見てみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク