銀行、クレジットカード、消費者金融など、いろいろ借入できる所があると思います。

その中で、審査が通り易そうな、消費者金融は、一体どのくらいの金利で貸してくれるのでしょうか。

できれば、金利が低いところから借入したいのではないでしょうか。

金利と言えば、銀行が低いですね。

しかし、銀行は、審査が厳しいイメージがあります。

そこで、消費者金融の相場を確認したいと思います。

調べてみましたので参考にしてください。

 

>>エース株式会社 公式サイトを見てみる

金利とは

皆さんご存知だと思いますが、借入金の利息を決める割合になります。

また、金利は、「%」で表現されます。

一般的な契約では、年率で表されています。

この金利が少しでも増減することにより、返済額を大きく変わってきます。

その為、少しでも金利が低いところから借入した方がいいですね。

金利に上限はあるのでしょうか?

金利は、業者によって異なりますが、上限は、法律で規定されています。

その法律は、利息制限法です。

以前は、出資法で決められた29.2%という、高い金利が上限でした。

また、この時、利息制限法もあり、その上限は、15%~20%となっていました。

その時の出資法と利息制限法の金利の間をグレーゾーンと呼んでいました。

その後、法改正により、利息制限法の上限と同じ金利が適用されているようです。

金利の上限が法律で定められていますので、これを超える金利で貸付された場合、闇金の可能性がありますので、注意してください。

闇金といば、法外な金利を取るイメージがありますが、最近は、ソフト闇金という言葉があり、先ほど書きました、29.2%の金利を取る場合もあるようです。

昔の金利で利用したことのある人であれば、グレーゾーンの金利は、納得してしまう金利かもしれませんが、現在では、違法となるようですので、そのような業者からの借入は、しないことをおすすめします。

消費者金融の金利の相場

消費者金融の金利の相場は、どのくらいなのでしょうか。

大手と、中小の消費者金融を調べてみました。

おおよそ、3.0%~20.0%となります。

金利の幅があるので、実際お金を借りるとしたら、どのくらいの金利になるのか心配ですね。

初めて利用される場合で、少額を借入する場合、最大の金利が適用されるようです。

利用が増えて、延滞などなく、借入と返済の実績ができると、金利を下げることができることもあるようです。

 

スポンサーリンク

実際の利息はどうなりますか?

金利が決まると、利息を計算することができますね。

この利息の計算式は、

元金×金利÷365×借入日数

となります。

元金×金利で1年間借りた場合の利息が計算できます。

その金額を365で割ることで1日当たりの利息が計算できます。

後は、借りた日数を乗算することで、1か月あたりの利息が計算できます。

金額は、小数点以下を切り上げで計算するようです。

例えば、100万円を借入し、10回で返済するとします。

金利は、15.0%と7.7%で計算してみます。

その場合、以下のような、返済例になると思います。

上記の図は、あくまでも返済例なので、実際の金額は、借入先で、確認してください。

やはり金利が低いと利息も安いですね。

できれば、低い金利で返済できるといいのですが、初めからそのようにな行かないですね。

まとめ

今回、消費者金融の金利の相場について調べてみました。

金利の幅は、3.0%~20.0%になりますね。

金利は、借入する金額によって、この金利の幅の中で増減するようです。

しかし、利息制限法によって、上限は決まっていますので、正当な業者であれば、その上限以下でお金を借りることができます。

利息制限法の上限金利を超える金利で貸付を行っている業者は、闇金の可能性があります。

闇金からは、絶対、借入しないことをおすすめします。

大手の消費者金融では、初めての人に限り、最大30日間、金利0円のサービスを行っているところがあります。

もし、そのサービスの対象になるのであれば、活用するのが一番お得になると思います。

中小消費者金融に利点があるのかどうかについては、こちらに記載していますので、参考にしてください。

横浜から全国へ。エース株式会社をご存知ですか?

消費者金融「セントラル」の口コミについて

大手から借入するのが一番いいかもしれませんが、中小の消費者金融にも、特色があります。

自分にあった消費者金融を選ぶことも大事だと思いますので、一度ご覧になられてはいかがでしょうか。

 

>>セントラルの公式サイトを見てみる

女性の方は同じセントラルグループのマイレディスがおススメです。

コールセンターも女性が対応していますので、安心して相談できます。

 

>>女性専用キャッシング マイレディスの公式サイトを見てみる

スポンサーリンク