いい物件を見つけ、住宅ローンの事前審査(仮審査)に申し込みを行いました。

少し前に、クレジットカードの申し込みを行っていて、クレジットカードの審査は、通りました。

このような場合、クレジットカードの作成は、事前審査に影響するのでしょうか。

また、クレジットカードを保有していることで、何か、事前審査に悪影響があるのでしょうか。

調べてみましたので、参考にしてください。

スポンサーリンク

クレジットカードの作成

住宅ローンの審査(事前審査、本審査)を受ける場合、直前のクレジットカードの作成は、控えた方がいいと思います。

少なからず、影響が出る可能性があります。

クレジットカードには、「ショッピング枠」と、「キャッシング利用枠」があると思います。

このうち、「キャッシング利用枠」は、住宅ローンの返済比率に影響するようです。

「キャッシング枠」がある為に希望の融資額が借りれないということになるかもしれません。

「キャッシング枠」無しでクレジットカードを作成するだけであれば、事前審査には、あまり影響はないと思いますが、どうしても必要な場合を除いて、クレジットカードは、作成しない方がいいと思います。

クレジットカードの支払を滞納している場合

クレジットカードの支払を滞納した状態で、住宅ローンを申し込むと、殆どの場合、事前審査が通らないのではないでしょうか。

もし、事前審査が通っても、本審査が通らない可能性が高いです。

クレジットカードの支払を遅延し、そのまま、長期間滞納すると、個人信用情報機関に事故情報として、記録される場合があります。

その為、審査で信用情報を開示され、事故情報を確認されてしまうと、返済能力がないと判断され、審査が通らない可能性があります。

まあ、通常の生活で、返済ができない人が、何年も続く住宅ローンの返済ができるとは思われないのではないでしょうか。

住宅ローンの審査に通るためには、滞納は絶対避けたいですね。

また、個人信用情報機関の事故情報(延滞など)は、契約終了後、約5年間は記録された状態となります。

ということは、クレジットカードを解約して5年経つと、事故情報が抹消される為、住宅ローンの審査に影響しなくなるのではないかと思います。

ただ、迷惑をかけた金融機関では、独自に事故情報を保有していますので、その金融機関では、事故を起こした後の契約は殆どできないのではないかと思います。

 

スポンサーリンク

クレジットカードの支払を遅延していた場合

例えば、個人信用情報機関のCICでは、支払が遅延した場合、入金状況に記号で記録されます。

入金状況は、新しい入金状況追加され、24か月間記録された状態となります。

遅延した月が24か月過ぎると、信用情報開示を行っても遅延の記録が表示されないため、審査にあまり影響がないと思われます。

ただ、住宅ローンを申し込む直前で支払いを遅延している場合、住宅ローンを申し込む金融機関の担当者に正直に話すことが大切だと思います。

また、信用情報が気になる人であれば、個人信用情報機関の信用情報開示は、自分でも確認することができます。

こちら→「信用情報の開示」に開示方法などを説明していますので、合わせてご覧ください。

尚、信用情報の入金状況に支払を遅延した情報が記録されたままで、クレジットカードを解約すると、入金状況が今後、更新されない為、解約後、約5年間は、このまま遅延(Aなど)が記録されたままとなるようです。

解約する場合、できれば、遅延の入金状況を押し出した状態で解約したいですね。

クレジットカードのリボ払い完済

クレジットカードのリボ払は、遅延など事故を起こしていなければ、住宅ローンの審査には影響しないようです。

もし、リボ払いをしていると、完済していても、審査に影響すると思われていたのであれば、そこは安心できますね。

クレジットカードを複数枚所持

クレジットカードを複数枚持っていると、住宅ローンに少なからず影響するのではないでしょうか。

しかし、キャッシング枠がなければ、影響はないと思われます。

キャッシング枠があると、返済比率に影響し、融資額が下がる可能性があります。

これは、ちょっと気になりますね。

高額の融資を受ける場合、キャッシング枠があるクレジットカードは、審査に影響を受けるということになりますね。

まとめ

今回、クレジットカード作成は、住宅ローンの事前審査に影響があるのか?ということで、いろいろと調べてみました。

結果は、キャッシング枠のないクレジットカードを作るだけであれば、審査に影響はないと思われます。

しかし、キャッシング枠があると、融資額に影響するようです。

ここには、注意したいところですね。

もし、クレジットカードを作成するのであれば、住宅ローンの審査が終了し、融資が決定してからがいいと思います。

クレジットカードをすでに所持している場合に注意することがあります。

それは、過去に遅延や、滞納などの事故情報がある場合、ある特定の期間は、個人信用情報機関に事故情報が記録されている為、信用情報開示によって、その情報を確認することができます。

その為、住宅ローンの審査は、厳しいのではないかと思われます。

住宅ローンを検討されているのであれば、住宅ローンの仮審査を一括で行うサイトがありますので、こちらも参考にされてみてはいかがでしょうか。

 



>>住宅本舗 公式サイトを見てみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク