どうしてもお金に困ったとき。

もう銀行のカードローンは極度額いっぱい。

でもお金が足りない。

そんな時に、クレジットカードの現金化を考えてしまうかもしれません。

スポンサーリンク

 

クレジットカードの現金化は絶対NG

クレジットカードの現金化は利用してはいけません!

体験談として、決しておすすめはしません。

 

理由はリスクが高く、暴利だからです。

クレジットカードの現金化は、業者が堂々と看板を出して営業しているのを見ると、安全な気もしてしまいますが、とても危険です。

 

なぜなら、クレジットカードの現金化は違法なものではありませんが、クレジットカード会社の規約では完全に禁止されているからです。

そこで今回は、クレジットカードの現金化が違法でない理由をはじめ、クレジットカードの現金化が規約で違反されている理由や危険な理由などをお話ししていきます。

 

1.クレジットカードの現金化は違法ではないがカード会社の規約に違反する

クレジットカードの現金化は違法ではありませんが、カード会社の規約には違反しています。

先に、違法ではない理由をお話しした後、なぜ規約では違反になっているのかをお話ししていきます。

 

クレジットカードの現金化は、違法とする線引きが非常に難しいものになります。

なぜか?

  • 本当に間違えてクレジットカードで新幹線の回数券を買ってしまった場合
  • 本当に行くつもりで新幹線の回数券を買ってしまったが、予定がずれて行かなくなってしまった場合

 

こんな方が

  • もともと現金化を考えてない業者が購入する
  • 持ち込まれて購入する

場合は決して違法ではないからです。

 

あくまで、初めから現金化を目的として購入して、現金化を目的とした買取をした場合が問題になります。

ただし、クレジットカードの現金化はクレジットカード会社の規約違反になります。

 

クレジットカードには、キャッシングというお金を借りるための機能がついています。

そのため、本来であればこの機能を使ってお金を借りる必要があります。

 

クレジットカードのキャッシングは、利用しても返済できると判断した金額しかお金を借りる事ができないようになっています。

そのため、ショッピング枠を使って現金を作られてしまうと、利用した金額を払ってもらえない危険性が高まります。

 

このような理由で、クレジットカードの現金化を禁止しています。

 

2.クレジットカードの現金化が危険な2つの理由

クレジットカードの現金化を利用してしまうと、非常に危険です。

その理由としては、次の2つが挙げられます。

 

理由1.犯罪に巻き込まれる

クレジットカードの現金化を利用する場合、クレジットカードの画像や運転免許証の画像を求められます。

このような情報を渡してしまうと、勝手にクレジットカードを使われたり、知らないうちに犯罪に悪用されてしまう危険性があります。

理由2.詐欺にあう危険がある

悪質なクレジットカードの現金化業者にあたってしまうと、事前に聞いていた金額より、少ないお金しか振込んでもらえません。

例えば、利用料金の90%を振込むと言いながら、振込手数料や現金化手数料など、

様々な名目でお金をとられてしまうため、実際は60%ほどしか振込んでもらえないのです。

 

つまり、10万円を現金化し9万円手にしようと思っても、6万円しか振込んでもらえないことになります。

さらに、最も悪質な業者の場合は、1円も振込んでもらえないので、大変危険です。

 

実際にはクレジットカードで10万円分の宝石(価値は1円)を購入。

お店は実際にモノを送ります。

 

ただし、振り込みはされません。

なぜならば、モノを購入した代金を受け取っただけで、現金化は聞いていない。

と開き直ることがあります。

 

3.クレジットカードの現金化の3つのリスク

先程の危険性ではピンとこないという人も多いと思うので、ここからは身近な3つのリスクについてお話ししていきます。

  • クレジットカードを解約させられる
  • 利用料金の一括返済を求められる
  • 最も損をする借金である

 

クレジットカードを解約させられる

クレジットカードの現金化は違法ではありませんが、クレジットカード会社が定める規約には違反しています。

そのため、クレジットカードの現金化が発覚した時点でクレジットカードを強制的に解約させられてしまいます。

 

最近は、クレジットカードの現金化を見抜く技術も向上しているため、意外と簡単にばれてしまいます。

例えば、キャッシング枠を使い切った人で、これまで新幹線のチケットを購入した事が無い人が、いきなり新幹線の回数券を購入し、キャッシング枠を使い切っていたら怪しいですよね。

 

このような形で、クレジットカード会社はデータを集めているため、怪しい行動があればすぐにばれてしまいます。

利用料金の一括返済を求められる

クレジットカードの現金化がばれてしまうと、クレジットカードが強制的に解約させられるため、これまでの利用分の一括返済を求められます。

つまり、現金化に利用した分だけでなく、キャッシングに利用した金額も全額支払わなければならなくなります。

最も損をする借金である

クレジットカードの現金化を年利で表すと、数十から数百%となります。

現在、日本の最高年利はどんなに高くても20%となっています。

そのため、通常の数倍から数十倍の年利でお金を借りることになります。

 

消費者金融からお金を借りる事ができる可能性がある

大手の消費者金融でお金を借りれなくなったからと言って、ヤミ金からしかお金を借りれないわけではありません。

中小の消費者金融では、大手でお金を借りる事が出来なかった人に対し、

かなり柔軟にお金を貸しています

ぜひこちらのセントラルで気軽に相談をしてみましょう。


>>セントラルの公式サイトを見てみる

女性の方は同じセントラルグループのマイレディスがおススメです。

コールセンターも女性が対応していますので、安心して相談できます。



女性専用キャッシング マイレディスの公式サイトを見てみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク