連休中には各種のレジャーやお金を掛けない遊びも大いに大切だと思います。

心を豊かにするために知恵を絞って遊ぶことも大切だと思いますが、リフレッシュを兼ねて旅行や観光などを考えている方も多いと思います。

 

思い出作りだけではなく、連休明けの仕事に向かって心をリフレッシュさせて英気を養うのも一つだともいます。

日本人一人当たりの旅行回数ですが、「平成28年度 観光白書」によれば、日本人の海外旅行者数は1621万人、日本人の約7.5人に一人は海外旅行に行っている計算になります。

 

Yahoo!Japanカードの公式サイトを見てみる

 

リフレッシュの時でもお金は必要

心のリフレッシュと書きましたが、リフレッシュするにはやっぱりお金も必要になりますよね?

JTBの「2016年夏休みの旅行動向調査」」によれば、国内旅行の平均は3万7000円、海外旅行は平均21万6300円となっております。

 

この平均額は旅行人数や宿泊の日数によって大きく異なりますが、大きな出費には違いありません。

日帰りのテーマパークや遊園地なども家族全員分の出費は国内旅行の1泊分に近い金額となる場合も多いと思います。

 

旅行先や旅行後にお金が足りない場合はどうすればよいでしょうか?

旅行などでついつい使い過ぎてしまいお金が足りない、

または旅行に多額のお金を持ち歩くのは心配だという場合は

「キャッシングサービス」などを利用しましょう。

 

特にコンビニで利用ができるカード系のキャッシングサービスは便利だと思います。

 

また、旅行後に旅行の出費が予想よりもかさんでしまい、さらに冠婚葬祭などの急な出費が必要となったことで、家計がピンチの場合はカードローンの活用をおすすめします。

 

それから海外旅行で多額の現金を持ち歩くことは、思わぬトラブルのもとになります。

カードの利用と合わせて、積極的にキャッシングの利用をしてみてはいかがでしょうか。



Yahoo!Japanカードの公式サイトを見てみる

1例をあげますと、セブンカードの海外キャッシング1回払いでは、必要に応じて現地の通貨で引き出しができます。

利用方法は簡単で、世界の主要都市、空港、観光地にある提携現地金融機関のATMや窓口にてカードでのキャッシングを行い、現地通貨を引き出す方法。

カード&パスポートを用いて、窓口でキャッシングを行う場合の2パターンがあります。

 

窓口で行う場合は、馴染みがあまりないと思いますが、

  1. 窓口にてカードとパスポートを提示
  2. 次の通りキャッシングをしたい旨を伝える。「I would like to use my card to pay 00 dollars in cash」(カードで00ドルのキャッシングをお願いします)
  3. 売り上げ票の金額を確認してカードの裏面のサインと同じサインを行う
  4. 現金をしっかり確認のうえ、カードとパスポート、売り上げ票、お客様控えの受け取りを行う。

 

思ったよりも簡単だと思うので、ぜひ試してみてください。

Yahoo!Japanカードの公式サイトを見てみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク