おまとめローンの失敗例で多いケースが、ショッピングローンや自動車ローンなどのローンを借り換えしたことで、金利が逆に高くなってしまうことです。

スポンサーリンク

 

おまとめローンの失敗例

おまとめローンを利用する場合、消費者金融か銀行カードローンを利用することになるのですが、

消費者金融で金利が大体15%〜18.0%、

銀行のカードローンで14%〜15.0%程度が相場となります。

 

消費者金融は利息制限法で、100万円以上の借入の場合は、

上限金利を15.0%まで下げなければいけなくなりましたが、

100万円未満のおまとめに関しては18.0%が適用され、かなり高金利での一本化となります。

 

一方で、ショッピングローンや、リボ払いの返済などのローンの場合、

金利は10%〜15%程度で借入しているケースがほとんどです。

 

そのため、消費者金融で一本化してしまうと、ほぼ間違いなく金利は高くなってしまいます。

銀行カードローンで一本化したとしても、金利は同程度かやや高くなるでしょう。

 

金利が高くなると、支払い利息が増え、返済総額が多くなってしまうため、損をしてしまうことになります。

なので、現在の借入の状況を把握して、金利が高くなるようであればおまとめローンはおすすめできません。

スポンサーリンク

 

金利が低くなっても、返済総額が多くなるケース

銀行のカードローンで借入している債務を一本化する場合、より金利が低い銀行のカードローンでおまとめローンを利用すれば、一本化することで金利を低くすることはできます。

しかし、金利が少しでも低くなるからと言って、一本化してしまうと、返済総額が増えて損をするケースがあります。

 

それは、おまとめローンで一本化した際に、返済の負担を減らした場合です。

 

例えば、3社から借入があって、各社に毎月1万円返済していた場合、一本化することで、毎月の返済金額を減らすことができます。

一本化して月2万円の返済をしたとすると、毎月1万円の負担軽減にはなりますが、その分支払いの期間が長くなってしまうため、支払い利息は多くなり、総額で見ると損をしているというケースがよくあります。

 

このケースに関しては、総額で損をするということはわかっていても、早急に返済しなければ延滞になってブラックリストに載ってしまうなど、急場を凌ぎたいという方はおまとめローンで一旦他社の返済をすることはできるため、利用するメリットはあると思います。

 

しかし、現在も滞りなく返済できていて、一本化して少しでも得になればいいなと考えている方は、このケースでは得することはほぼないため、一本化する必要はないでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク