返済滞納者でカードローンが作れるか作れないか?

ここには分岐点があります。

当然返済滞納経験ありですから、普通に考えれば、お金を借りるのは難しいのではないか?

と考えるのが一般的です。

でもカードローンには色々なカラクリ的なものがあります。

まず、大手の銀行やカードのキャッシングなどは、例えば10日が引き落としの場合、その月内に支払いをすれば、大体の場合は借入OKです。

スポンサーリンク

 

しかしカードローン作れない人は?

ここでカードローンが作れない人。

信用情報に傷がついている人。

 

所謂、ブラック状態の人です。

この場合は、どんなにもがいてもお金は借りる事は出来ません。

 

返済滞納経験ありで、カードローンが作れないこのケースは、延滞期間がかなり長い事が推察されます。

当然延滞期間が長くなるほど、信用情報機関に傷がつきます。

 

会社によって信用情報に、延滞情報をインプットする延滞日数は、違ってきます。

延滞した日数がカードローンの審査に大きく関わる可能性が大です。

かなりここはシビアにカウントされますので、しっかり返済して何とか回避したいものです。

スポンサーリンク

 

カードローンが作れる人

次にカードローンが作れてしまう延滞経験ありの人。

延滞日数が3日程度だと消費者金融側も大目に見てくれる事が多いです。

その為信用情報機関に傷はつかず、普通にカードローンを作る事が出来てしまいます。

 

要するに、カードローンが作れるのか?作れないのか?は延滞日数による部分が多いです。

この期間が短ければチャンスは大きくなります。

 

基本的に返済はしっかりしなければいけません。

返済をしっかりしていれば、何も頭を悩ます事はありませんし、正々堂々と立ち振る舞う事が出来ます。

 

返済はキチンとする事。

延滞はもっての他です。

 

どうしても、返済日までにお金が作れない時は、直ぐに業者に電話で連絡しましょう。

猶予期間を設けてくれる所もあります。

 

カードローンと上手く付き合っていく為には、主導権をしっかり握っておく事です。

その主導権を握るには、返済をキチンとする事です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク