クレジットカードは買い物やいろいろな料金の支払いに何かと便利です。

しかし、普段は気を付けて使っていても、ついつい使い過ぎてしまうこともあります。

WEBで確認した支払い明細をみてビックリ!

なんて経験をされた方も少なくないと思います。

 

>>セントラルの公式サイトを見てみる

クレジットカードの支払いサイクルに翻弄されることも

クレジットカードは会社毎に支払いのサイクルや支払日が違います。

カードを使った翌月に請求がくる会社もあれば、カードの使用の翌々月、つかり2か月後に請求がくる会社もあります。

 

現金と違って、カードで会計を済ませた時点ではお金を使ったという実感があまりないため、ついついという状況になりやすいです。

2カ月も前の状況について「エッ」と思うことがあります。

 

「あっ、旅行の代金をまとめてカードで支払いしてたんだ!!」とか

「車検代、カードで支払いしてた!!今月引き落としだ!」

なんてことも多々あるかと思います。

 

クレジットカードの支払いは、きちんと銀行の引き落としの期日までに預金口座にお金を用意しておかなくてはなりません。

銀行の残高不足で引き落とせないとどうなるのでしょうか?

 

クレジットカードの引き落としができないと・・・

 

クレジットカードの支払いが銀行残高不足でできなかった場合、このような事態が発生いたします。

カードが使えないばかりか、遅延損害金が発生するので、ますますお金が足りなくなります。

 

クレジットカードの遅延損害金について

カードショッピングの遅延損害金の一例

1回払い・リボ払い:年利14.6%

分割・ボーナス払い:年利20.0%

 

このカードでのショッピングで30万円を30日延滞した場合には

30万円×30/365日×14.6%=3,599円

と約3,600円の遅延損害金が発生します。

 

金額よりも怖いのがいわゆるブラックリストへの登録(個人信用情報への事故情報登録)です。

クレジットカードの事故情報は、CIC、JICCともに最長5年間登録されます。

その間、新規のカードの発行やローンの新規申し込み、もちろん住宅ローンの借り入れも出来なくなってしまいます。

 

カード代金が、支払えない。請求額を低く抑えるためには

引き落とし日の前に、リボ払いもしくは分割払いに変更することが一番早い方法です。

一括払いで支払いをした買い物をWEBの会員サイトから変更できるカードが多いと思います。

 

ただし、カードの利用内容や契約内容によってはリボ払いや分割払いに変更できないものもあります。

そんな時こそ、即日融資のカードローンを利用してみてはいかがでしょうか。

 

クレジットカードの引き落としまでに数日しかない場合にはその日のうちにお金を借りる、即日融資も可能な消費者金融でのローンはいかがでしょうか。

初回30日間無利息の会社であれば、実質的にカードの支払いを無利息で1カ月先延ばしにできる形になります。

 

これなら、カードの支払いを遅らせて信用情報に傷をつけることなく、クレジットカードの遅延損害金も払う必要もありません。

短期間であれば、賢い資金繰りだと思います。

>>セントラルの公式サイトを見てみる

女性の方であれば受付が女性である「マイレディス」がおススメですよ。



>>女性専用キャッシング マイレディスの公式サイトを見てみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク