カードローンの借入限度額ってどれくらいまで借りられるのでしょうか?


特に、年収があまり多くない人は気になるポイントですよね。

ここではカードローンの借入限度額が決まる仕組みや、消費者金融系と銀行系との違い、借入限度額に関係する法律である総量規制についてご説明します。

また、借入限度額を決める審査で基準となるポイントや、限度額を増額してもらう方法についても考えてみましょう。

スポンサーリンク

 

カードローンの限度額について

以前は、個人のローンの限度額にはハッキリとした上限はありませんでした。

収入状況や信用情報などによって、各金融機関が独自に決定していました。

 

しかしそれにより、自分の収入に見合わない借り入れをしてしまう人が増え、

さらに複数社から無理な限度額の借り入れを続けることで多重債務者となってしまうケースが増えてしまったのです。

 

その結果、多くの自己破産者や任意整理者などといった債務整理者を生むことになってしまったのです。

もちろん、景気の落ち込みや貸金業者によるグレーゾーン金利といった高金利での貸付も要因となっています。

 

そこで、改正貸金業法が施行されることになり、グレーゾーン金利の撤廃とともに、個人への貸付金額にも規制が入ることになったのです。

 

これが貸金業法による総量規制です

総量規制により、その人の年収の3分の1を超える額の貸付は行えないようになりました。

これは、1社からの借り入れ額だけでなく、複数の借入れがある場合にはその総合計額で計算されます。

 

当然、借入限度額の設定はこの総量規制の範囲を超えない額になるという目安ができました。

例えば年収600万円の人ならば、借入限度額は最大でも200万円までとなります。

 

すでに他の業者に借入残高があれば、200万円からその額を引いた額ということになりますね。

また、アコムの最大融資額は500万円までですが、

例えば年収300万円の人が申し込んだ場合、

借入限度額は最高でも100万円までということになるのです。

 

これは貸金業法によって定められた基準ですので、必ず守られます。

もし現在追加で借入を考えているけれど、年収の3分の1を超えてしまいそうな時は、総量規制対象外の業者を利用しましょう。

 

とはいえ、カードローンを利用したいと思っている人の中には、少ない年収で苦しんでいる方も多いはずです。

平均年収が500万円を切っている時代ですが、それに合わせて物価が低くなっている訳でもありません。

 

中にはすでに他に複数の借金を抱えながら、新たな借入れを望んでいる方も多いでしょう。

総量規制では、そういった方たちの救済措置として、例外や除外となる借入れが設定されています。

 

総量規制の例外となる貸し付け

主なものをご紹介します。

  • おまとめローンや借り換えローンなどで、借り換えることで私たち消費者にとって有利となる借り換えは、総量規制の例外となります。
  • 収入の無い主婦(主夫)の場合、配偶者と併せた年収の3分の1までの貸し付けが可能です。
  • 個人事業者に対する貸し付け(事業性資金)。

など

 

総量規制の除外となる貸し付け

  • 住宅ローン(住宅のリノベーションのためのローンも含む)
  • 自動車ローン
  • 高額療養費ローン

 

「総量規制によってもう借りることができない!」という方は、

例外となるおまとめローンや借換えローンという方法もあるのです。

 

また逆に、すでに年収の3分の1まで借入残高がある方でも、

住宅ローンや自動車ローンを組むことは可能ということになります。

 

例外となる銀行カードローンはこちら

>>静岡銀行カードローン「セレカ」の公式サイトを見てみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク