治験については前回記載しましたが

今回は実際に体験した流れを書いてみたいと思います。

治験に参加すればすぐにお金が手に入るのか??

実際に見てみましょう。

スポンサーリンク

 

1.まずは治験会社に登録をする。

いきなり病院やクリニックに行って、「治験に参加したいです!!」と言っても参加はほとんどの場合はできません。

一般的な流れとして治験会社に登録をして紹介を持ちます。

 

身長や体重、年齢や既往症などを入力する項目がありますので、正確に入力しましょう。

嘘はダメです。

絶対にバレます。

 

なぜならば、登録後に実際に検査をするので、全部バレてしますのです。

代表的な会社として

「JCVN」などがあります。


JCVNの公式サイトを見てみる

2.登録後、気になる試験にエントリーする。

病気の試験だけではありません。

健康食品や健康な人を対象にした試験も多くあります。

 

入院試験などは一回の入院試験で10万円以上の協力費の支払いがあることもあります。

エントリー後は担当者から電話があり、実際のヒアリングがあります。

ここでも嘘をつかずに、正確に答えましょう。

 

3.事前検診

多くの場合は事前検診があります。

先ほども書いた通り、嘘を書くとここでバレてしまいます。

 

事前検診では、疾患が試験に合致しているか、申告に誤りがないかなどをチェックします。

ここで、多くの場合は協力費が初めてもらえます。

検診代で3000円から5000円を手渡しでもらうことが多いです。

 

4.本試験参加

事前検診を通過すれば、晴れて試験に参加をすることができます。

試験申し込みから1か月くらいかかるかと思います。

 

多くの場合、プラセボと言われる偽薬を服用するか、実薬を服用することとなります。

ここまでくると、協力費もぐんと上がります。

 

私の場合ですが、本試験参加から3か月間は2週間に1度の来院。

つまり、2週間に1度10000円を手渡しでいただきました。

 

その後は月に1度の来院で、試験終了まで続けました。

総額は15万円くらいになりました。

 

しかも、非課税です!!

求められている疾患や体質であれば参加する意義は高いと思います。

 

ぜひ、検討してみてください。

 

当面の活動資金に困ったらこちらがおススメです

即日融資にも対応してもらえますし、全国のセブンイレブンで使えるカードもあります。

今なら、初めての方は、最大30日金利0パーセント!!

利子がなく借りることができます。おまとめも相談してみてください。



>>セントラルの公式サイトを見てみる

女性の方は同じセントラルグループのマイレディスがおススメです。

コールセンターも女性が対応していますので、安心して相談できます。



女性専用キャッシング マイレディスの公式サイトを見てみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク