今回がまとめです。

前回前々回とキャッシング、カードローン利用中に住宅ローンが組めるのか?

実体験に基づいて記載させて頂きました。

結果として多かったのが「完済条件付き貸し付け」の回答が多かったです。

次いで「借り入れ金額の減額」、「頭金の増額」でした。

 

スポンサーリンク

 

カードローン利用中に住宅ローンは組める!

ただし、「キャッシングやカードローンを利用中であっても、住宅ローンは組める!!」と言うことがわかりました。

最終的には、スルガ銀行に審査を依頼することも考えた方が良いと思います。

金利と返済総額を確認してからになりますが・・・

 

自分で何件も条件を確認するのが面倒くさいという方には、

「住宅ローン審査一括申し込みサービス」の利用をしてみてはいかがでしょうか?

>>住宅本舗 公式サイトを見てみる

住宅ローン審査一括申し込みサービスは複数の金融機関に一度で住宅ローンの審査申込が出来るサイトです。

サービス開始にあたり住宅ローンなどの金融商品を管轄する省庁に対し、綿密な確認を行いました。

 

関係省庁、提携している金融機関からのお墨付きをいただいた唯一のサービスだからこそ、数多くのユーザー様にご利用いただいています。

国際規格であるISO27001を取得しておりますので安心してご利用いただけます。

 

ろうきんも使える

もし、会社の規模が大きい規模の会社にお勤めの方は、労働組合が「ろうきん」の加入条件に当てはまっているかを見てみてはいかがでしょうか?

 

ろうきんは正式には「労働金庫」と申します。

各支部ごとに分かれていて、関東1都7県に在住か勤務をされている方なら、加入条件に当てはまります。

 

ろうきんは、加入者の助け合いを目的とした非営利の金融機関となっています。

非営利といっても、ろうきんで働いている人の給料や利息という経費が必要ですのでその分の利益は追及します。

ですが、必要以上に儲けようとはしません。

その分ローンでは金利が低めに設定されていることが多いようです。

 

また、企業の労働組合が労働金庫との結びつきが強い場合、審査の通過率が上がる可能性があります。

実際にろうきんの判断基準の中にはおそらく、企業の信用についても加味されていて、そこに所属をしていることは信用が高いと判断されるケースも在るみたいです。

 

金利が低いならネット系銀行の住宅ローンも

審査に全く不安がなく、金利が一番低いところを選ぶのであれば、ネット系銀行の住宅ローンになるかと思います。

住信SBIネット銀行住宅ローンやソニー銀行住宅ローンなどがあります。

 

驚くことは金利の低さです。

現在の実行金利は0.477%(自己資金20%以上)

しかも、団体信用保険、8大疾病保険、傷害保険が無料でついてです。

借りられる方がうらやましいです。。

>>住宅本舗 公式サイトを見てみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク