カードローンを一度も組んだことがない人が、はじめて申込みをすると、審査に通らないことがあります。

特にある程度の年齢以上だと、審査に通りづらくなります。

一般的に、カードローンを一度も組んだことがなく、利用履歴(クレジットヒストリー)がない人。

そのような人をスーパーホワイトと言います。

スポンサーリンク

 

なぜスーパーホワイトが審査に通りづらいのか?

借金の返済が滞った等の金融事故を、起こした人をブラックと言います。

ブラックだと審査に通りづらいことは良く知られています。

 

あまり広く知られていませんが、スーパーホワイトも同様に審査に通りづらいです。

なぜ、スーパーホワイトが審査に通りづらいかと言うと、銀行や消費者金融の審査担当者は、次のように疑うからです。

 

  • 過去に事故があったのではないか?
  • なりすましや身分詐称、偽装ではないか?

 

貸す側からすれば、このよう場合、貸し倒れリスクがあります。

審査に慎重にならざるを得ません。

 

スーパーホワイトの場合、どうすればいいのか?

ではスーパーホワイトの人は、どのようにしたらカードローンを組めるのでしょうか?

スーパーホワイトがカードローンを組むにはまず最初にすることは、利用履歴を作ることです。

 

次のような方法で、利用履歴が残るようにすると良いです。

  • 携帯電話や家電で分割払いする
  • 審査があまり厳しくないところでクレジットカードを作る

 

いわゆる喪明け(債務整理後や自己破産後に一定期間過ぎたら方)の場合も同様です。

Yahoo!Japanカードの公式サイトを見てみる


スーパーホワイトでも自動車ローンは通る?

マイカーを検討しているスーパーホワイトの人が、自動車ローンの利用を考える事があります。

自動車ローンは、金利が安いので、そのように考えも不思議ではありません。

 

しかし、自動車ローンは、審査が厳しく、審査に時間がかかります。

お金の使い道は、自動車の購入に限定され、ローンを完済するまでは、自動車の乗り換えもできません。

 

カードローンと比べて、不便な点がいろいろあります。

「すぐに自動車が必要」「審査が不安」という人は、カードローンを利用した方が良いです。

>>静岡銀行カードローン「セレカ」の公式サイトを見てみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク