実際に、転職したばかりの場合には、審査は厳しくなるのか??

よく聞かれる質問です。

近年は終身雇用で働くのではなく、何度か転職を繰り返すケースが増えているようです。

そのため、現在利用しているカードローンを、同条件で継続利用できるのかといった点や、転職してすぐに新規申し込みができるのかといった点を気にする方が目立ちます。

そこで今回は、転職後のカードローンの利用について取り上げながら、転職後の注意点、転職後に限度額の変更は必須となるのか、転職した事実を報告する必要はあるのかなど、詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

 

勤続年数1年未満は少し厳しいかも

カードローンは、転職したばかりだと審査に通過しづらいという噂があります。

しかし、実際のところはどうなのでしょうか。

詳しくみていくことにしましょう。

 

カードローンを利用する上で非常に重要となってくるのは、『収入の安定性』、『個人信用情報』です。

ようするに、『信用してお金を貸しても返済してもらえるか?』といった点が、とても重要視されているということになります。

 

これはすべてのカードローン会社共通の認識であり、具体的な判断基準は各社によって異なるのが現状です。

となると、転職したばかりということであれば、『収入の安定性』という点でどうしても不利となってしまうことは否めません。

 

短期間で頻繁に転職をしている方は、高額な収入を得ていたとしても『収入が不安定』、『返済が滞るかもしれない』と判断され、審査に通過しづらい傾向にあります。

ただし、転職することが必ずしも不利に働くとは限らないものです。

 

転職することによって年収がアップしたり、雇用条件が劇的に良い方向へ変わったとなれば、審査に通過することがあります。

ちなみに先程も少し触れましたが、カードローン会社によって審査の基準は異なるものです。

 

比較的柔軟なのは消費者金融系カードローン

比較的柔軟に対応しているのは、どちらかというと消費者金融系カードローンだといわれています。

そのため、転職後にどうしてもカードローンを利用したいのであれば、銀行系カードローンではなく、セントラルなどの「消費者金融系のカードローン」に絞って申込みをしてみましょう。


>>セントラルの公式サイトを見てみる

基本的には、勤続年数が長く、月々の収入が安定している方のほうが審査に通過しやすいものですが、審査の基準は勤続年数や収入だけではなく、独身既婚や居住年数など他にも複数あるものです。

 

たとえば前職の職歴が長く、今まで転職をほぼしていない場合は、少額融資という条件付きで審査に通過することがあります。

また『職歴が長い』とはいっても、目安とされている最低ラインはおおよそ1年です。

 

欲をいうと2年から3年程度の職歴は欲しいところですが、最低でも1年職歴があれば審査に通過する可能性を高めることができます。

 

勤続年数が長いということは、『収入が安定している』、『収入が安定していれば返済が滞る可能性は低い』と判断されることにつながるため、上記の勤続年数はできるだけクリアしておきましょう。

 

じゃあ、転職したばかりでは借りれないの?

今が必要な時なのに!!

大丈夫です。

ポイントをおさえれば、何とかなる時があります。

まずは相談してみて下さい。

>>セントラルの公式サイトを見てみる

女性の方は同じセントラルグループのマイレディスがおススメです。



女性専用キャッシング マイレディスの公式サイトを見てみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク