お金がない時に飲み会!

状況としては結構ありますよね。

このお金を使ったら、支払いが困る。

 

でも飲み会には行きたい。

毎日暑すぎる。

お酒が飲みたいけどお金がない・・・

そんな時によく使う方法が「ミステリーショッピング」を使った方法です。

 

スポンサーリンク

 

ミステリーショッピングとは?

ミステリーショッピングは覆面調査の事で、サイト内で気になるお店を選んで申し込みをします。

当選しましたら、予め決められたモニター内容をチェックした後に、お店に来店します。

 

覆面調査(ミステリーショッパー)という事がお店の方に知られないように飲食します。

提出物の確認が終わりますと現金に交換可能なRポイントで利用金額の一部が支払われます。

という流れになります。

 

飲食の上限金額や人数などが決まっておりますが、合計金額の50%から100%のキャッシュバックが得られることがあります。

私はよく飲み会の幹事などでこちらを利用しました。

 

もちろん、参加者にも話をして少しキャッシュバックをしました。

入金は早いところでレポート提出後の2日後、遅いところで1カ月後になります。

少しでも節約して外食するにはとてもおススメです。

 

スポンサーリンク

 

使えるミステリーショッピング

1.ふぁんくる

『ファンくる』は、全国70万人、掲載モニター数5,000件以上

覆面調査・ミステリーショッパーのモニターポータルサイト!

 

約3,000店舗の飲食モニターをはじめ、美容・通販・ショッピングなど色々なジャンルのモニター案件を多数ご用意、いつも使っているお店やサービスでモニター体験が可能です。

通常の覆面調査(ミステリーショッパー)は、専門家によるものが一般的ですが、『ファンくる』では、一般ユーザが気軽に参加できます。

 

しかも、気になるモニターを体験後、簡単なアンケートに答えるだけで謝礼が受け取れるお得なサービスです。

中には100%キャッシュバックもあり、レポートも提出しやすく、おススメです。

2.メディアフラッグ

「Medif(メディフ)」は、株式会社メディアフラッグが運営する覆面調査(ミステリーショッパー)のサイトです。

メディフで受けられる仕事の種類は、大きく分けて「覆面調査」「店舗ラウンダー」「推薦販売」の3つです。

 

メディアフラッグの特徴は覆面調査の他に、店舗ラウンダーと推薦販売があることです。

店舗ラウンダーとは、店舗に訪問して簡単な作業、例えば薬局で箱にシールを貼ったり、スーパーでキャンペーンの箱を設置したりといった作業になります。

 

1店舗あたり、1000円位が多いです。

こちらの欠点としては「業務委託契約」になってしまうことです。

主婦の方には問題がないのですが、サラリーマンの方ですと、年度末の納税の際に申告が必要になってきます。

3.ギャップバスター

ギャップバスターはオーストラリアに拠点を置く覆面調査(ミステリーショッパー)のサイトです。

もちろん私たち日本在住の人は、ちゃんと日本語で利用できるので安心してください。

 

ギャップバスターの最大の特徴が、大手ファーストフードチェーン店が調査対象に入っていることです。

マクドナルドなどが有名ですね!

 

この点がギャップバスターの最良ポイントなので、ファーストフードに行かない方はこの時点で登録する意味はほとんどなくなります。

逆に、ファーストフードが好きだという方なら登録する価値はあるでしょう。

 

欠点としては調査員の質を保つため、登録の際に簡単なテストを受ける必要があります。

さらに、その後もサイト上で若干面倒な覆面調査のトレーニングを受けなければなりません。

 

ファーストフードの案件は録音などもありますので、めんどくさがりには少し厳しいかもしれません。

他にもミステリーショッピングリサーチやお客様の声など多数のミステリーショッピングがあります。

登録は無料のところがほとんどですので、お得に飲食して節約分を返済に回すこともよいかと思います。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク