カードローンは、転職してすぐに申込みをすると不利であることは分かりました。

しかし、そうはいっても急な出費でお金が必要となり、どうしても今すぐカードローンを利用したいことがあるものです。

 

そのような場合、カードローンの審査に通過するためには、どうしたら良いのでしょうか。

ここでは、最低限抑えておきたい5つのポイントをご紹介していきます。

以下にまとめましたので、参考にしてください。

スポンサーリンク

 

【ポイントその1】借入希望額を低く申告する

転職したばかりのタイミングで、高額融資を受けることは困難です。

しかし5万円から10万円程度であれば、審査に通過することがあります。

 

必要な金額のみ借入をすることで、計画性をアピールできるといった理由もありますが、それだけではありません。

クレジットカードなど、他社の利用履歴に問題がない場合、少額融資をして様子を見るといった判断をするカードローン会社が一部で存在するのです。

 

また少額融資であれば、万が一、貸し倒れがあったとしても、カードローン会社側はそれほど大きなダメージを受けないことも関係しています。


【ポイントその2】最低でも半年以上の勤務実績を作る

転職して2カ月から3カ月程度しか経過していない場合、『収入の安定』を予測することができません。

そのため、最低でも半年以上の勤務実績を作るようにしましょう。

 

ただし、今まで転職を繰り返してきた方は、1年程度の勤務実績がないと審査に通過しないことがあります。

これまでの職歴や勤続年数を踏まえた上で、まずは勤務実績を作ってください。

 

【ポイントその3】その他の返済に遅れないようにする

カードローンの審査では、必ず個人信用情報を照会しています。

他社の利用情報が一目で分かるため、返済に遅れている記録があると、カードローンの審査に通過することはまずありません。

 

そのため、転職してすぐに申込むのであれば、他社の支払いに遅れることのないようにしましょう。

 

【ポイントその4】頻繁に利用している銀行のカードローンを検討する

給与振込や公共料金の引き落としなどで、特定の銀行口座を利用している場合、その銀行口座がある銀行にてカードローンのサービスを提供していないか確認しましょう。

 

なぜなら、銀行口座の利用実績が、カードローンの審査で有利に働くことがあるからです。

銀行口座の利用年数が長く、頻繁に利用していたとのことであれば、お金の使い方が一目で分かります。

 

100%審査で有利に働くとは断言できませんが、毎月決まった日に遅れることなく公共料金などの引き落としがあると、『お金を貸してもきちんと返済して貰える可能性がある』と判断されることにつながるものです。

 

【ポイントその5】給与明細などの書類を追加で提出する

消費者金融や信販系のカードローンの場合は、50万円以下。

銀行系の場合は、200万円から300万円以下の限度額であれば、本人確認書類のみで審査が行われます。

 

所得を証明する書類が必要となるのは、上記の借入額を超える場合や、収入の安定性を確認するためなどの理由があるときだけです。

 

カードローンの規約の中で、『転職したばかりのときは所得証明書を必ず提出する』といったルールはありませんが、提出した方が審査の際に有利となることがあります。

なぜなら、収入の安定性を確認する上で、一つの判断材料となるからです。

 

自らの判断で書類を提出する際は、直近2カ月から3カ月分の給与明細など、申し込み時点での収入が分かる書類が好ましいといえます。

 

ちなみに、雇用形態が正社員となった場合や、転職先が大企業となった場合など、審査で評価されやすい属性へ変わったときほど、所得証明関連の書類を提出しましょう。

その方が、今後も安定した収入が見込めると判断され、審査に通過しやすくなります。

 

おススメは

ちなみに、私が困った時に相談したのがこちらです。

提出物も少なく、短い勤続年数の時でも融資してもらいました。

書類の送付方法についても家族バレのリスクも少なくておススメです。


>>セントラルの公式サイトを見てみる

女性の方は同じセントラルグループのマイレディスがおススメです。



女性専用キャッシング マイレディスの公式サイトを見てみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク