今月のカードの引き落としは無事に終わりましたでしょうか?

毎月10日と30日は気が重いですね。

 

借入の件数も増えてしまい、信用情報が気になってきた方や今後、住宅ローンを組むなど、なるべく信用情報をクリーンにしながら、借り入れをする方法はないものか・・・

 

そんなときに、審査なしで、簡単に借りられるお金があったらどうだろうか?

それが「保険の契約者貸付制度」です。

 

>>街角相談所の公式サイトを見てみる
 

保険の契約者貸付制度とは?

審査なしで借り入れができて、しかも低金利。以前にも記載をしましたが、一瞬、闇金を疑ってしまいますよね。

契約者貸付制度は、保険の契約者の申し出によって、解約払戻金の一定の範囲内で貸し付けを行う制度です。

次の条件を満たすことによって、低金利で条件がほとんどなく借り入れができます。

1.契約者貸付が受けられる保険

  • 終身保険
  • 定期保険
  • 養老保険
  • 学士保険
  • 個人年金

詳しい内容は問い合わせをして、各契約状況によりますが、上記保険は基本的に契約者貸付制度を利用することができます。

2.貸付限度額

解約払い戻し金の範囲ないですが、大体の場合は解約払戻金の90%くらいです。

3.貸付期間

保険契約の満期日までと定められています。

4.金利

利率は年複利計算です。契約日によって適応金利は変わりますので、確認をしてください。

また、利息は元本に組み入れがされます。

5.返済方法

一括返済、一部返済、利息のみ返済など様々な返済方法があります。コンビニ振り込みや窓口での受付もできる保険会社もありますが、基本的には銀行振り込みです。

6.申し込み方法

申し込み方法は電話かインターネットで保険会社に申し込みを致します。

電話での申し込みの場合には書類を記載の上、返送の手続きがあるので、若干融資まで時間がかかります。

7.必要書類

貸付金額が300万円以内の場合は公的な証明書(運転免許証やパスポート)のコピー、貸付金額が300万円を超える場合には追加で契約者の印鑑証明書が必要となります。

 

>>街角相談所の公式サイトを見てみる
 

メリットとデメリット

メリットとしては、JICCやCICなどの個人信用情報を参照しないため、事故情報がある方でも借り入れをすることができます

また、借り入れをしたお金は使い道が自由なため、他の借入の借り換えにも使えます。

 

デメリットとしては、返済を滞納した場合、保険が失効してしまう可能性があります。

返済が滞って貸し付けた金額が、払い戻し金を超えてしまえば、保険が失効してしまうので注意がひつようです。

 

ただし、年利が2.00%~5.75%で借り入れができるのは魅力的です。

 

でももし、本当に返済に困ってしまったら、匿名で専門家に相談をしてみましょう。

そちらの方がきっと、次の日から楽になりますよ。

>>街角相談所の公式サイトを見てみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク