私自身もそうなのですが。。

ギャンブルが原因で借金を作ってしまう方は多いと思います。

パチンコ、パチスロ、競馬、競艇、競輪...

自分自身では止めたいと思っていながらも、ついつい手が出てしまう。

負けた分を取り返そうとして、気が付けば何百万円の借金を背負っている方も多数いらっしゃるかと思います。

>>街角相談所の公式サイトを見てみる

ギャンブルが原因で借金を作った場合、その借金は債務整理できるのか?

実際にあった話です。

幸太郎さん(仮名)はギャンブル癖があり、金融機関から借り入れをしては、

競輪、競馬、パチンコに合わせて約800万円の借入がありました。

 

さらにその借り入れを返済するために新たな借り入れをして返済、いわゆるジャンプの状態になってしまい、その後、必死に自転車操業を繰り返しておりましたが、とうとう返済ができなくなってしまい、借り入れを整理するために幸太郎さんはお給料を弁護士に管理してもらうことになりました。

 

ところが、幸太郎さんはさらに借り入れを続け、クレジット会社に対し

「他社から借り入れはない」

と嘘をついてカードの発行を受けました。

 

発行されたカードをいわゆる「現金化」などによって、資金を調達して、さらに借り入れを増やしました。

 

積りに積もった借り入れ総額1600万円。

退職金などで返済をしましたが、尚も1000万円以上の借り入れが残ったため、幸太郎さんは破産をして借り入れを帳消しにすることを決意しました。

 

それを知った各クレジット会社は、

「幸太郎さんはギャンブルなどで借り入れをしていただけではなく、嘘をついて借り入れを行っていた。」

「そのことは詐欺行為かつ不誠実な行為である」

として破産を認めないように裁判所に求めました。

 

結果は・・・

各金融会社の主張が認められて、幸太郎さんは破産が認められませんでした。

 

>>街角相談所の公式サイトを見てみる
 

一方でギャンブルが原因の借入でも免責が認められるケースもあります。

どのような違いがあるのでしょうか?

今回の幸太郎さんのケースでは次の2点がポイントになっておりました。

(1)幸太郎さんのギャンブル癖は常軌を逸しており、弁解の余地がないと判断をされた。

1000万円以上の借入は常軌を逸したギャンブル癖だとみなされ、返済してゆくための努力が欠けていたとの判断がなされました。

(2)一連の行動は不誠実な行為であるとみなされた。

弁護士にお給料の管理を任せてからも、クレジット会社に嘘の申告をするなど、借り入れを増やしたことや借り入れを重ねる人としての不誠実な行動の積み重ね、今後、生活を更生してしてゆく人としてふさわしくないとの判断がなされ、免責が認められるべきではないとの判断がなされました。

 

ただし、返済総額が100万円以上減らせることも珍しくはありません。

判断については経験が求められるため、専門家に判断を受けることが、最善の方法だと思います。

 

無料で利用できるサービスもあるので、あなたが悩んでいたら、

まずは一度相談をしてみてはいかがでしょうか。

>>街角相談所の公式サイトを見てみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク