連休中に消費者金融から借りれるの?

ゴールデンウィークや夏休み、シルバーウィーク等の大型連休が定期的にやってきます。

この大型連休中を利用して、泊まり掛けの旅行やレジャーなどに出向かれる方も多いと思います。

 

そのように遠出される方が多い時期の、消費者金融の需要は高いのでしょうか、低いのでしょうか。

今回は連休前後の消費者金融の動向についてレポートしてゆきたいと思います。

>>セントラルの公式サイトを見てみる

大手消費者金融の場合

いわゆる大手消費者金融は、年末年始以外は年中無休の無人契約機を抱えている会社が多く、基本的にゴールデンウイーク中などでも借り入れは可能になっています。

 

しかし、インターネットキャッシングの場合は、融資方法が銀行振り込みとなる都合上、一部の振込先の金融機関によっては、連休中に振込ができないこともあります。
(連休中のインターネットキャッシングの対応については、会社によって違うので、各社のホームページで確認するか、直接問い合わせていただく方が無難です。)

 

また、申込みの数は、連休前と後は集中しますが、連休中の申込み数は、通常時よりも下がることが普通です。

 

中小クラスの消費者金融の場合

中小クラスの消費者金融は、無人契約機を持っていません。

よって、融資エリアを全国に対応している会社の多くが、インターネットキャッシングを採用しています。

 

しかし、銀行傘下ではないので、基本的に休日の振込は出来ません。

ゴールデンウイーク中に申込みは可能ですが、融資が実行されるのは、どうしても連休明けになってしまいます。

 

申込み数の推移は、大手と同じく、連休前と後は集中しますが、連休中は、通常時よりも下がります。


>>セントラルの公式サイトを見てみる

申込みは早めがベター

人員も設備も整っている、大手消費者金融は、インターネットキャッシングであっても、指定された銀行へ振込みできるかどうかだけですから、仮に即日融資が出来なくとも、指定振込先の銀行へ振込みできるようになれば、すぐに融資は可能になります。

 

しかし、中小クラスの消費者金融は(無人契約機がない会社は特に)、会社自体を休みにしていることが多いようです。

そのような場合、連休中の申込み分と連休明けの申込み分を、連休明けに一度に対応することになります。

 

そのため、審査がかなり込み合うことが予想されて、連休明け早々の即日融資は、かなり困難になると思われます。

では、どうせ連休中の融資が無理だから、申込みをするのは、連休明けでも同じかというと、そうではありません。

 

審査する順番は申込み日付の早い順で行うことが普通なので、早めに申込みをしてある者から対応することになります。

中小クラスの消費者金融への申込みは、たとえ、融資実行は連休明けになるとしても、申込み自体は早めに行うことをおすすめします。

 

中小クラスのおすすめはセントラル!


>>セントラルの公式サイトを見てみる

女性の方は同じセントラルグループのマイレディスがおススメです。



女性専用キャッシング マイレディスの公式サイトを見てみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク