返済に遅れて、放っておいた場合、消費者金融からの取り立ては怖いのか?

消費者金融でお金を借りると、暴力団などが取り立てに来るといった怖いイメージを思い浮かべる方もいるかもしれません。

マンガやドラマでも、そういうシーンはよく見かけますよね。

>>街角相談所の公式サイトを見てみる

実際の取立ては?

では、本当に消費者金融の取り立ては怖いのでしょうか?

確かに以前は、怖い取り立てをする業者がいたことは事実です。

社会問題にもなりましたし、「腎臓売って金作れ」みたいなセリフも聞いたことがあるかもしれません。

 

しかし、現在では、貸金業者による違法な取り立ては行われることはありません。

「貸金業法(貸金業規制法)」が改正され、無登録業者(ヤミ金融)の罰則を強化したほか、グレーゾーン金利は廃止されました。

 

これに加えて利用者の借り過ぎを防ぐ、総量規制が導入されました。

それと共に「取り立て規制の強化」も行われるようになりました。

 

こうした貸金業者に対する一連の規制強化に加えて、取り立てについても規制が強化されました。

>>街角相談所の公式サイトを見てみる

現在の取立てルールは?

現在の消費者金融業者のルールとして

  • 不適当な時間に訪問したり電話をかけてはいけない
  • 取り立ての電話連絡は1日3回までを基本とする
  • 契約者の自宅を訪問する場合は2名以内で行う
  • 取り立てのために勤務先に行ってはいけない
  • 暴力的な態度や乱暴な言葉の使用、大声で脅してはいけない
  • 取り立てをしていることを第三者に知らせてはいけない
  • 不適切な時期(お正月やお盆など)に取り立てをしない
  • 親兄弟や知人などの第三者を巻き込んではならない

 

となっております。

 

生活に支障が及ぶような取り立てについては、違法な取り立てとなってしますのです。

 

ただし、ルールに基づいた取り立てはOKです。

督促状を自宅に送ったり、最悪の場合、給料の差し押さえなども可能です。

返済がかなり遅れている場合は・・・

担当者から連絡が来たのに返済されない、督促状が届いても返済されないと、借金の全額返済の請求や給与の差し押さえの案内が届きます。

 

それでも返済や対応がないと、裁判所から訴状が来るか債権回収会社に債権が回される場合もあります。

債権回収会社は消費者金融に代わり債権の回収を行う会社です。

 

債権回収会社も法律で決められた取り立てを行うので、暴力や脅しはしてきません。

ですが、回収が終わるまで督促は続くので延滞を続けるのは難しいでしょう。

 

このような状態になったら。。

一度、弁護士さんに相談するのも一つの手だと思います。

初回無料で相談に乗ってもらえることも多いです。

 

また、弁護士費用の後払いも受け付けてくれます。

その場凌ぎの対応ではなく、今後の生活も含めた部分まで一緒に考えてもらえます。

新しい生活プランを設計していきましょう。

相談するなら、早いほうが気持ちが楽になります。

>>街角相談所の公式サイトを見てみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク