リボ払いのメリットについては、以前も解説したように支払額が一定であるということです。

例えば、何か高額なものを分割払いで購入すると、購入額に応じて支払額が決定するので、買う度に毎月の支払額は変動するのが当たり前でした。

 

しかし、リボ払いで購入した場合には、支払額のほうを予め5000円とか1万円とか決めているので、

それ以上の支払いをすることがありません。

つまり、出て行く金額が一定であるために懐具合の算段をつけやすいというわけです。

>>静岡銀行カードローン「セレカ」の公式サイトを見てみる

しかしそれがデメリットにもなる

一方、そのことがデメリットにもつながってきます。

購入する金額に関係なく支払額を一定にするということは、返済期間が長くなるということです。

 

例えば20万円の家電を購入したとして、毎月4万円支払う場合と、毎月1万円支払う場合とでは、

1万円支払う方が支払い期間は当然長くなります。

 

支払い期間が長引くということはそれだけ手数料を支払うことにもなりますから、なかなか完済できないというストレスを
抱えやすいというデメリットがあります。

 

クレジットカードには抵抗がないという人がいる一方、カードローンに対してはアレルギー反応を示す人も少なからずいます。

やはり、”金貸し”、”街金”といったイメージが根強いのだと思われますが、

実はリボ払いの残高によっては、カードローンの方がはるかにお得に利用できることもあります。

 

高額商品を立て続けに買ってリボ残高が何十万、あるいは100万円以上溜まってしまっているという方は特に借り換えを検討すべきでしょう。

 

利率で比べれば

リボ払いの場合、クレジットカード会社に支払う手数料は利率でいうと15%程度と言われています。

一方、カードローンの場合は金融機関によって差があるものの、2%前後~18%まで幅があります。

 

銀行カードローンやネット銀行の人気どころで言えば2%前後~15%弱がメインの利率です。

つまり、カードローンの方が、リボ払いよりは利率(手数料)を低く抑えられる可能性が少なからずあるわけです。

 

ただし、カードローンに借り換えをすれば誰でも必ず得するというわけではありません。

借り換えするならそれなりに留意しておくべきこともあります。

 

私が利用してみて、リボ払いを継続して使用するよりも、カードローンでまとめた方がメリットが大きいと感じました。

やはり、件数は少ない方が良いですし、カードローンは利用実績も今後の与信の金額に関係があるからです。

>>静岡銀行カードローン「セレカ」の公式サイトを見てみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク